教員の紹介

平尾 聡秀

Hirao, Toshihide 

講師(秩父演習林/森林圏生態学研究室)hirao.jpg
専門分野:生物多様性科学・群集生態学

プロフィール
1980年東京都生まれ。2003年帯広畜産大学畜産学部卒業。2008年北海道大学大学院環境科学院博士後期課程修了。日本学術振興会特別研究員、東京大学特任助教・助教を経て、2012年より現職。
森林生態系のさまざまな生物群集を対象として、生物多様性や生物間相互作用の成り立ちについて研究しています。群集形成のメカニズム(ニッチ分化・分散制限・適応進化)と時空間スケールを統合的に理解することを目標として、研究を展開していきたいと考えています。

★現在の主要な研究テーマ
★研究業績
★学位及び賞等
★学会活動
★教育活動
★ひとこと 


★現在の主要な研究テーマ
「樹木‐葉圏微生物間の相互作用とその多様化機構」
「森林生態系の窒素循環にかかわる土壌細菌群集の多様性と機能」
「石灰岩植物の遺伝的多様性と石灰岩地への適応形質の遺伝的基盤」
「日本列島におけるカエデ属の多様化機構と地理的分布の形成過程」
「シカによる植生衰退が森林生態系の生物間相互作用に及ぼす影響」

★研究業績
研究業績データベース

★学位および賞
博士(環境科学)北海道大学(2008年3月)
“Patterns and processes of insect community assembly in cool-temperate deciduous forest”

★学会活動
日本生態学会・日本森林学会・International Biogeography Society

★教育活動
●教養学部
全学体験ゼミナール「春の奥秩父を巡る」「秋の奥秩父を巡る」
●農学部
「森林生態圏管理学」「森林科学概論」
●大学院
「森林圏生物動態学」「森林圏生態学」

★ひとこと
生物多様性の時間的・空間的な変動はとても複雑ですが、そこにはさまざまな規則性が隠されています。生物多様性の規則性を見つけ、その規則性を生み出すメカニズムについて仮説を検証することで、生物多様性の成り立ちを少しずつ読み解くことができます。このような基礎研究は、生物多様性の生態系機能とその保全を考える上で不可欠なものです。野外調査・野外実験・DNA分析・統計解析・シミュレーションなど多面的なアプローチを用いて、生物多様性の成り立ちを明らかにしていきたいと考えています。