教員の紹介

平尾 聡秀

Hirao, Toshihide

講師(秩父演習林/森林圏生態学研究室)hirao.jpg
専門分野:多様性生物学・群集生態学

プロフィール
1980年東京都生まれ。2003年帯広畜産大学畜産学部卒業。2008年北海道大学大学院環境科学院博士後期課程修了。日本学術振興会特別研究員、東京大学特任助教・助教を経て、2012年より現職。
森林の生物多様性や生物間相互作用の成り立ち、その生態系機能について研究しています。特に、大きな環境変動イベントに着目して、森林の生物多様性や生態系機能にどのような変化が生じるのかを一般的に理解することを目標にしています。そして、得られた知見を森林の動植物や生態系サービスの保全に役立てていきたいと考えています。

詳しくは平尾研究室ウェブサイトをご覧下さい。


★現在の主要な研究テーマ
「ニホンジカによる植生衰退が森林の生物多様性に及ぼす影響」
「環境DNAに基づく野生動物のハビタット利用とその保全管理」
「森林植物の生育にかかわるコア共生微生物相の多様性と機能」
「リター分解プロセスにおける適応的な微生物群集の形成機構」
「日本産カエデ属の多様化機構と標高分布の形成過程」
「石灰岩植物の遺伝的多様性と局所適応の遺伝的基盤」

★研究業績
研究業績データベース

    ★学位および賞
    博士(環境科学)北海道大学(2008年3月)
    "Patterns and processes of insect community assembly in cool-temperate deciduous forest"

    ★学会活動
    日本森林学会・日本生態学会・日本微生物生態学会・International Biogeography Society・Botanical Society of America

    ★教育活動
    ●教養学部
    全学体験ゼミナール「春の奥秩父を巡る」「秋の奥秩父を巡る」
    ●農学部
    「森林生態圏管理学」「森林実習」
    ●大学院
    「森林圏生物動態学」「森林圏生態学」

    ★ひとこと
    土壌中の微生物から、林床の植物や哺乳類、林冠の昆虫や鳥類まで、森林には多様な生物が生息し、生物同士のかかわり合いから複雑な相互作用ネットワークが成立しています。陸域の生物種の多くが森林に依存していると言われており、森林の生物多様性や生物間相互作用について知ることは、地球上の多様な生物を保全し、その生態系機能を理解することにつながります。現在は、原生的な自然環境の残る奥秩父山地を舞台に、野外調査・野外実験・ゲノム解析・統計モデリングなど多面的なアプローチを用いて、森林の生物多様性や生物間相互作用に関する研究を進めています。多様な生物の世界に興味のある人、生物保全や野生動物の問題に関心のある人、山歩きが好きな人、秩父の森で一緒に研究をしませんか。