1. HOME
  2. 出版物

出版物

科学の森ニュース Download Free

演習林の最近の話題が満載!
トピックス、イベント情報、科学の森の動植物、研究コラム、名所名物紹介など。 年4回刊行

演習林出版局の本 (※他の本はここをクリック)

気持ちよく納められる森林環境税とは?
気持ちよく納められる森林環境税とは?

蔵治光一郎・坂井マスミ・安村直樹 編

1,000円+税 A5判 109ページ 2019年3月発行

37府県で導入されている森林環境税のこれまでを振り返り、2019年度から国の制度としてはじまる森林環境(譲与)税のこれからに活かすことを目的として開催したシンポジウムの記録です。
市民・納税者、林業従事者、研究者、行政を含め多種多様な立場からの意見が収められています。

改訂版 はげ山が森に戻るまで-東京大学犬山研究林の砂防・緑化のあゆみ-
改訂版 はげ山が森に戻るまで-東京大学犬山研究林の砂防・緑化のあゆみ-

東京大学演習林生態水文学研究所リーフレット・シリーズ4
東京大学演習林生態水文学研究所 編
463円+税 A5判 34ページ 2018年11月発行

このリーフレットでは犬山研究林を中心に、荒廃していた頃の山地の様子と、1930年頃(昭和初期)から1980年(昭和50年代)までに行われた砂防・緑化工事について、写真とともに紹介します。

森の健康診断の10年 愉しくてためになる流域の森のキヅキとマナビ
森の健康診断の10年 愉しくてためになる流域の森のキヅキとマナビ

矢作川森の健康診断実行委員会 編
1,500円+税 A5判 240頁 2016年3月発行

愛知・岐阜・長野の三県を流れる矢作(やはぎ)川の流域では、2000年に襲来した東海(恵南)豪雨がきっかけとなり、森林ボランティアが中心となって、研究者と組み、2005年から「矢作川森の健康診断」を始めました。本書は、第1回~第10回矢作川森の健康診断の成果報告です。さらに、そこから全国に広まった様々な形の「森の健康診断」や、全国各地に出向く出前講座の活動も紹介しています。

犬山研究林の自然-春・夏-
犬山研究林の自然-春・夏-

東京大学演習林生態水文学研究所リーフレット・シリーズ9
犬山研究林利用者協議会・生態水文学研究所 編
463円+税 A5判 30頁 2016年4月発行

犬山研究林利用者協議会のメンバーが中心となり、主にふれあいゾーンでみられる春と夏の自然のうち、植物とチョウにスポットを当ててまとめたものです。

東京大学赤津研究林の見どころ-2016年改訂版-
東京大学赤津研究林の見どころ-2016年改訂版-

東京大学演習林生態水文学研究所リーフレット・シリーズ1
東京大学演習林生態水文学研究所 編
463円+税 A5判 30頁 2016年3月発行

生態水文学研究所では、研究・教育の施設や、1922年の創立以降約100年間にわたり育成してきた森林を、一般の方にも見学していただけるよう、見どころを半日程度で効率よく巡回できる見学コースを設けています。このリーフレットでは、この見学コースを順にご紹介していきます。