1. HOME
  2. 「東京大学の森」育成資金

「東京大学の森」は、演習林で行われる様々な活動をサポートするボランティアをはじめとする多くの方々に支えられてきました。そして今、社会に開かれた「科学の森」へ―――。

「東京大学の森」の活動を支えるのは、一人ひとりの想い。“豊かな自然を後世に役立ててほしい”“子どもたちに自然の大切さを伝えたい”という小さな想いが、私たちの財産であり、社会の財産でもある「科学の森」を大きく育みます。

「東京大学の森」は、大学はもちろんのこと市民を対象にした教育や研究に多大な役割を担っています。そして、適切な森林管理を通じ、森林の多面的機能も発揮しています。優れた研究教育フィールドとして更なる充実を図るため、皆さまの協力をお願いします。

「東京大学の森」育成資金のご紹介