東京大学演習林とは

about_img1.jpg

東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林は、森林や樹木、林業に関する基礎的・応用的研究を行うとともに、森林を学習する学生たちに教育の場を提供することを目的として設置されました。最初の演習林が千葉県清澄に1894(明治27)年に設置されて以来、今日までに100年以上の歴史を有するに至っています。現在、演習林は全国7ヶ所に設置され、その総面積は東京山手線内面積の5つ分に当たる32,300 haにおよんでいます。

東京大学演習林では100年以上の長きにわたり、数多くの教職員の手によって森林を良好に維持・管理しながら、人工林や天然林の樹木の成長、森林に暮らす動植物、気象や水文等に関する調査・観測データを蓄積し続け、多くの教育や研究の場面で活用されてきました。また、演習林が保有する豊かな森林は学内外を問わず多くの教育者や研究者によって求められ、教育研究フィールドとして利用され続けています。近年では、社会的な要請により、演習林の長い歴史の中で培った知識・経験を社会教育を通じて広く普及するとともに、自治体や地元地域との連携にも力を入れるなど、多方面で活動しています。

演習林では、今後の行動目標を記した「将来計画2007」を作成し、大学教育・研究・社会連携に関して以下をミッション(使命)としています。

ミッション
大学教育: 学部、大学院において、森林に関わる教育を行うとともに、そのための最適なフィールドを提供する。
研究: 森林を中心とした自然環境および森林と人との関わりについての専門的な研究を促進するとともに、大学を中心とした研究組織に最適なフィールドおよび森林を中心とした自然環境の動態に関する記録(データ)を提供する。
社会連携: 学校教育や生涯教育をはじめとする社会教育をより豊かなものにするための仕組みとフィールドを提供する。

● 演習林の詳しい紹介はこちら(PDF)

東京大学演習林の歴史

東京大学演習林の始まりは、日本初の大学演習林として1894(明治27)年に房総半島に設置された千葉演習林であり、以来、東京大学の林学教育の場として現在に至る歴史を刻んでいます。千葉演習林に続いて、北海道演習林(1899(明治32)年)、台湾演習林(1902(明治35)年)、朝鮮演習林(1912(大正元)年)、樺太演習林(1914(大正3)年)、秩父演習林(1916(大正5)年)、生態水文学研究所(1922(大正11)年)、富士癒しの森研究所(1925(大正14)年)、樹芸研究所(1943(昭和18)年)が次々と設置され、亜寒帯から亜熱帯まで、海岸から亜高山帯までの森林における教育研究の場として活用されてきました。第二次世界大戦後、外地に設置された演習林は東京大学の手を離れましたが、戦後の1956(昭和31)年に演習林に管理委嘱された田無演習林(1929(昭和4)年林学科に設置、1982(昭和57)年演習林に用地を移管)をあわせ、東京大学農学部キャンパス内に設置された企画部を中心に北海道から愛知までの広い範囲に7地方演習林を有する体制が現在まで続いています。

7つの地方演習林と教育研究センター、それらをまとめる企画部

千葉演習林

房総半島の南東部に位置する千葉演習林は日本で最初の演習林として1894年に創設されました。千葉演習林の森林は、上層木をモミ・ツガ・アカマツ(現在、マツ材線虫病により大部分が消失)とし、下層木をカシ類・スダジイ・クロバイ・ヤマモモ・ヤマザクラ・マルバアオダモなどとする針葉樹天然林、旧薪炭林でスダジイ・カシ類・コナラ・ケヤキ・カエデ類などからなる広葉樹天然林、スギ・ヒノキを主体とする人工林の3つが大部分を占めています。全体の約40%を占める人工林には幼齢林から超高齢林(160年生以上)に至る齢級構成が整備され、我が国における人工林研究・教育の代表的なフィールドとなっています。

創設年 1894(明治27)
面積 2,226ha
標高 50-370m
気候帯 暖温帯
植物種数 木本類:約280種
草本類:約800種
北海道演習林

北海道中央部の富良野市に位置する北海道演習林は7地方演習林の中で最も広大な面積を有しています。そのうち約2万haは施業実験林として位置づけられ、木材生産と環境保全との両立を掲げた天然林施業を行っています。森林植生は、冷温帯の夏緑広葉樹林から亜寒帯の常緑針葉樹林に属し、標高400m以下では広葉樹林、400~600mでは針広混交林、700m以上では針葉樹林、1100m以上では高山植物帯となります。針葉樹では主に、トドマツ・エゾマツ・アカエゾマツ、広葉樹ではダケカンバ・シナ類・イタヤ類・ウダイカンバ・ミズナラ・ニレ類・ハリギリ・ヤチダモなどが自生しています。

創設年 1899(明治32)
面積 22,717ha
標高 190-1,460m
気候帯 亜寒帯/冷温帯
植物種数 維管束植物:約940種
秩父演習林

秩父演習林は関東山地のほぼ中央部荒川源流域にあり、甲武信岳(2,475m)を盟主とする奥秩父連峰の2,000mクラスの山々に囲まれています。森林のほとんどが天然林もしくは落葉広葉樹主体の二次林で、人工林は1割程度です。標高差が大きく、山地帯と亜高山帯の2つの垂直分布帯にまたがっているため、多様な森林植生を有しています。山地帯域では尾根部にツガの優占する針葉樹林、山腹斜面にブナやイヌブナ、谷部にシオジやサワグルミの落葉広葉樹林が分布し、亜高山帯域では低標高にカラマツやヒメコマツの混じるコメツガ優占林、高標高にトウヒやダケカンバなどを交えたシラビソ・オオシラビソ針葉樹林が分布しています。

創設年 1916(大正5)
面積 5,812ha
標高 530-1,980m
気候帯 冷温帯/亜寒帯
植物種数 木本類:324種
田無演習林

西東京市に位置する田無演習林は本郷キャンパスに最も近い演習林で、1時間ほどで来ることができます。演習林の南東側には附属生態調和農学機構が隣接し、これらを含めた西東京キャンパスの周囲は住宅街に囲まれています。設立当初はアカマツやクヌギを主体とした典型的な武蔵野の雑木林でしたが、その後日本各地や海外から多数の樹種や品種が導入されました。そのため、狭い面積ながら非常に多様な樹木が混在しています。また、都市に孤立した森林という性格を持っているため、都市林に依存した動植物の生態研究フィールドとして利用されています。また、圃場では苗木を利用した樹木生理に関する研究などが行われています。

創設年 1929(昭和4)
面積 9ha
標高 60m
気候帯 暖温帯
植物種数 木本類:約300種
生態水文学研究所

生態水文学研究所は瀬戸市、犬山市、静岡県新居町にある2研究林2試験地から成り立っています。この辺りは幕末から明治にかけて乱伐が行われたため、研究所の設立当初はいずれの研究林・試験地もほとんどはげ山の状態でした。演習林に編成されたのち、渓間工事や山腹緑化工事が行われ、現在では全山緑で覆われています。古くから森林水文に関する研究が盛んに行われ、3つある量水堰では緑のダムとしての森林の機能を長期的に観測しています。植生としては人工植栽された林地に天然生の樹種が侵入してきており、コナラやアカマツにツバキ類が混じる混交二次林と、スギ・ヒノキを主とした人工林になっています。

創設年 1922(大正11)
面積 1,292ha
標高 2-692m
気候帯 暖温帯
植物種数 木本類:約270種
草本類:約700種
富士癒しの森研究所

富士癒しの森研究所は富士山の北東部、山中湖畔に位置しています。大正から昭和初期にかけてはカラマツを主体とした寒地性樹種の造林試験を中心に研究が行われていましたが、近年はリゾート地という地の利を生かして、森林の保健休養機能の評価など人と森林とのつながりを研究するための森林施業に移行してきています。植生としては、上層をカラマツなどの植栽された針葉樹が占め、そのギャップや林縁部などではブナ科やカバノキ科、その他多数の低木類が更新してきています。また、湖に面した場所では一部風衝樹形のアカマツ疎林と草原をなしています。

創設年 1925(大正14)
面積 41ha
標高 990-1,060m
気候帯 冷温帯
植物種数 木本類:約110種
樹芸研究所

静岡県南伊豆にある樹芸研究所は熱帯・亜熱帯の特用樹木の研究施設として設立されました。全体の約50%を占める人工林では、約100年生におよぶクスノキ人工林をはじめ、油ろう・香料・薬料・タンニン等の原料となるアブラギリ・ハゼノキ・アカシア属・ユーカリ属などの特用樹種を植栽し、造林特性の調査研究を行ってきています。旧薪炭林を中心とする天然林ではシイ・カシ類やシロダモ、ヤブツバキなどの特徴的な照葉樹林となっています。1963年に温泉が寄贈されたことを受け、温泉熱を利用した大温室では熱帯・亜熱帯の植物約350種を栽培・保存・展示しています。

創設年 1943(昭和18)
面積 247ha
標高 10-520m
気候帯 暖温帯
植物種数 研究林:約550種
温室:約350種
企画部/教育研究センター

農学部(弥生)キャンパスに設置されている企画部は、地方演習林と教育研究センターという演習林運営の8つの現場を統括し東京大学演習林全体として取り組んでいく様々な活動の中心となる組織です。企画部はその役割として、演習林内、学内、学外を対象とした企画調整(教育、研究、社会連携、人事、財務、情報、国際交流等)を担当し、また森林教育研究拠点形成のために必要な東京大学演習林全体の機能の調整や地方演習林間の連携の促進をはかっています。
同じく農学部キャンパスに設置されている教育研究センターは、演習林の教育・研究にかかわる様々な業務を行い、次世代の森林・環境・林業を担う人材育成の拠点となっています。演習林所属の学生は、基本的に本センターに机を置き、ここを勉学・研究の拠点として活動します。センター所属の教員は、学生の活動を支援しながら、自らの教育研究活動も行っています。週に一度センター主催のゼミ、月に一度演習林全体で行う演習林ゼミを行い、学生や教員は研究進捗状況や研究計画を報告しあい、活発な議論を行っています。また、センターは上記のような教育・研究活動に加え、演習林全体の連絡調整、広報活動、各種データ蓄積管理業務などを行っています。連絡調整では演習林教員の教育スケジュール、各演習林での実習、各種委員会・研究会の日程調整や準備などを行います。広報活動では、ホームページの管理や学術誌「演習林報告」・「演習林」および本の出版なども行っています。各演習林で日々集積される気象データや「大面積長期生態系プロット(LTER)」のデータ、生物多様性の基盤データおよび森林にかかわる様々な資料などを蓄積し管理する業務も行っています。

国際交流

東京大学演習林では国際交流委員会を設置し、アジアや海外の演習林・森林研究者との交流を深め、地球規模で起こる諸問題に対し演習林の果たすべき役割を提言・発信しています。また、海外からの留学生の受け入れも積極的に行い、各国の森林を中心とした諸問題を専門的に取り扱うことのできる人材の育成にも力を入れています。