2011年6月、生態水文学研究所は80年以上にわたる森林水文学研究の歴史をもつ愛知演習林を改称して誕生しました。東京大学大学院農学生命科学研究科の附属施設として、 森と水と人をテーマにした教育研究に取り組んでいます。 詳細は生態水文学研究所の概要または第5期教育研究計画をご覧ください。

Topics


  • 2017年7月3日

 Anand Nainar 特任研究員が着任しました

  • 2017年6月3日-4日

 教養学部 前期課程 総合科目「森林環境資源学」(ダムと森林)が行われました


2011.6~2014.12まで

Recent publications


  • Anand Nainar特任研究員が主著・田中延亮助教が共著となった論文が「Journal of Hydrology」誌に受理されました(2018年9月10日)
       
  • 佐藤貴紀特任助教が共著の論文「Early stage litter decomposition across biomes」がScience of The Total Environment誌に掲載されました(2018年1月)
       
  • 水内佑輔助教が共著の論文が「ランドスケープ研究」誌に採用されました(2018年1月23日)
       
  • 田中延亮助教が共著の論文が「iForest‐Biogeosciences and Forestry」に受理されました(2017年12月27日)
      
  • 田中延亮助教の共著の論文が 「Geophysical Research Letters」 誌に受理 されました(2017年11月17日)