教員の紹介

後藤 晋

Goto, Susumugoto.JPG

准教授(教育研究センター長/森林圏生態学研究室)
専門分野:森林遺伝育種学

プロフィール
1968年茨城県生まれ。1991年東北大学理学部生物学科卒業。1992年ヤマハ株式会社入社、(一部略)、1995年4月より福岡県森林林業技術センターで林木育種担当。2000年4月より東京大学農学生命科学研究科助手。2002年5月より講師、2007年11月より現職。最近は、樹木の局所適応に興味を持ち、地域適応の遺伝基盤に関する研究を行っている。また、針葉樹の近親交配で生じる近交弱勢の遺伝的メカニズムについても研究をスタートさせたところである。さらに、地表かき起しによる北海道演習林の山火事後二次林におけるウダイカンバ更新促進の研究、樹木の遺伝育種に関する研究も行っている。
趣味は、テニス、文章を書くこと、美味しいパン屋を探すこと。最近、日本製の文具が急速に進化していることに驚き、究極のペンを求めて文具店をさまよっています。

★現在の主要な研究テーマ
★研究業績
★学位および賞
★学会活動
★教育活動
★社会貢献
★ひとこと


★現在の主要な研究テーマ
「気候変動の影響緩和を目指した北方針葉樹の環境適応ゲノミクス」
「針葉樹の更新初期過程における近交弱勢関連遺伝子のゲノムワイド検索」
「北方森林生態系の温暖化に対するストレス応答プロセスの解明」

★研究業績
研究業績データベース

★学位および賞
東京大学博士(農学) 「RAPDマーカーを利用したマツノザイセンチュウ抵抗性クロマツ採種園の遺伝子管理」 2001年
林木育種研究奨励賞 林木育種協会「マツノザイセンチュウ抵抗性クロマツ採種園の遺伝子管理に関する研究」、2001年5月

★学会活動
日本森林学会、日本生態学会、日本育種学会、森林遺伝育種学会

★教育活動
●教養学部
「全学体験ゼミナール」癒しの森をつくる
●農学部
「森林遺伝育種学」、「森林生態圏管理学」、「造林学」
●大学院
「森林圏生物動態学」、「森林圏生態学」

★社会貢献
「厳しい環境に樹木はどう適応するのか」、山口育英奨学会、学生集会・特別講演
「亜寒帯の森林:エゾマツの資源回復」、教育用DVD、インターボイス社取材対応

★ひとこと
近年、気候変動に対する適応策が検討されていますが、温度の上昇幅が大きいと予想される北方域ではより大きな影響があると考えられます。温暖化後の北方林がどうなるかを予測し、適応策を考えるために、現在、北方樹木の移植実験やゲノム解析、生理実験などを進めています。最終的には、温暖化に対応した産地の選択によって、健全な北方林が維持できるスキームを構築したいと考えています。まさに今年、北方樹木を千葉や秩父に移植し、新しい実験系が整ったところです。温暖化後の適応策に関心がある人、森林や遺伝に興味を持っている人、文章を書くのが好きな人、ぜひ一緒に研究してみませんか。