ふるさと納税を利用した寄付

東京大学演習林では、演習林が立地している地方自治体との間で締結した連携・協力協定に定めた事業の安定財源確保のため、自治体の「ふるさと寄附金」の使途に、東京大学演習林との連携・協力事業推進のための枠(以下、東大枠)を設定していただいております。この制度を活用すれば、ふるさと納税の手続きを行うだけで、東大演習林にご寄付頂くことが可能です。

<現在、寄付が可能な自治体と地方演習林(2023.12.4現在)>

1. 静岡県南伊豆町へのふるさと寄付(http://www.town.minamiizu.shizuoka.jp/docs/2015031200020/)による樹芸研究所への支援

方法:寄付の際、使い道として「(2)その他目的達成のために町長が必要と認める事業」を選択した上で(「ふるさとチョイス」利用時)、備考欄や「寄附金の使途について」の欄のいずれかに、必ず「東大」あるいは「樹芸研」のいずれかをキーワードとして記してください。これが東大枠への寄付の意思表示として必須です。キーワードのみでも、キーワードを含めて「東京大学樹芸研究所を活用した研究事業の支援」などとお書きいただいても構いません。
なお、通常のふるさと納税と同様に、南伊豆町の返礼品をセレクトできます。



ふるさと納税の体験型返礼品を通じた支援

愛知県瀬戸市のふるさと納税返礼品「砂出し体験」を選んでいただくことにより、生態水文学研究所を支援していただくことが可能です。「砂出し」とは、流量観測用のプールに溜まった土砂を下流に排砂する作業で、正確な流量観測に欠かせないものです。通常は東大の学生実習として実施している作業を体験していただけます。詳しくは、生態水文学研究所の以下のページをご覧ください。
https://www.uf.a.u-tokyo.ac.jp/eri/topics/6748/