社会貢献

生態水文学、森・水・土砂に関する人文・社会科学、公益的機能発揮のための森林管理等の分野における研究成果を社会に発信していくことで、国際・国内・地域社会に貢献していきます。国際的に森と水と人との関係の構築が期待されている国や地域において、研究成果を発信し、政策的アドバイスや研究指導、教育を行います。国内においては生態水文学を掲げる日本唯一の研究所として政策提言、研究指導、研究発表、社会教育を行っていきます。地域に対しては森と水、栄養塩、土砂と人との関係の科学的理解について社会に蔓延している誤った理解を正し、正しい理解を普及することを目標とし、森林と水、栄養塩、土砂と人間の歴史、現状の科学的理解と未来展望について、シンポジウム、ワークショップ、書籍出版などの普及啓発活動をしていきます。

専修学校、各種学校、高等学校、中学校、小学校の学生生徒に対する教育についても重要な社会貢献活動の一つとして位置付けます。

また、生態水文学研究所のサポート団体が主催するイベントにもご参加いただけます。年間の予定一覧をご参照ください。

シンポジウム 森林調査体験 間伐体験
水生昆虫の観察 風化花崗岩が露出した尾根
(赤津研究林見学コース)
国指定史跡の小長曽古窯
(赤津研究林見学コース)

 

主催したシンポジウム・ワークショップ等(2010年~)

  • 水害・土砂災害から住民の命を守るには-犬山市および周辺地域の過去の災害の教訓をどうすれば生かせるか-」(2016.1.30)
  • 海岸林のクロマツを間伐しよう(2014.12.14)
  • 東海地方の湧水湿地の保全-愛知県瀬戸市の大学研究林内の湿地に着目して-(2014.11.23)
  • 生態水文学研究所 創立90周年記念シンポジウム(2012.12.1)
  • ナラ枯れと身近な森の管理について考える(2011.1.30)
  • 犬山の森林の未来に向けて(2010.2.7)

生態水文学研究所を利用した主な活動

  • 2017/2/18 せと環境塾 24名
  • 2016/12/3 あいち自然再生カレッジ第3回講義 37名
  • 2016/11/26 犬山市 市民総合大学環境学部現地講義 36名
  • 2016/11/13 「犬山の森」秋のふれあい自然観察会 32名
  • 2016/11/8 森林GISフォーラム2016年ミニセミナーin愛知 11名
  • 2016/10/13 平成28年度JEAS中部支部野外セミナー 20名
  • 2016/9/3 瀬戸市環境課 せと環境塾2016「サイエンスキャンプin東大演習林」 26名
  • 2016/8/27-28 日本陸水学会東海支部見学会 17名
  • 2016/8/26 瀬戸市小中学校社会科研究会フィールドワーク 28名
  • 2016/8/13 愛知中部水道企業団 「水」をテーマにした親子体験教室 52名
  • 2016/7/22 岐阜県庁林政部恵みの森づくりコンソーシアム第17回勉強会 21名
  • 2016/7/12 岡崎市水循環推進協議会 視察 9名
  • 2016/6/25 コープあいち森づくりの会 森の観察会 4名
  • 2016/6/18 豊田森林組合とよた森林学校 森林セミナー 56名
  • 2016/5/13 公益財団法人ニッセイ緑の財団 森林育成指導等 4名
  • 2016/5/13 平成28年度利用者研究集会・尾張東部丘陵自然環境研究者の会 32名
  • 2016/4/23 犬山研究林利用者協議会 春のふれあい自然観察会 25名
  • 2016/3/5・19 瀬戸市環境課 せと環境塾里山学習講座 41名
[もっと見る]