スタッフ

教員

石橋整司 (所長・教授)

専門分野等
 森林経理学、森林計画学、森林計測学

主な業績

  1. 石橋整司・植村卓也・大畑 茂・高野充広・福田夏子(2009):東京大学秩父演習林におけるクマハギ被害の変遷の推定復元.関東森林研究.60:47~50
  2. Memisang, P.M., Ishibashi, S.2004):The Analysis of Stand Structure and Growth Characteristics of Natural Forest in Papua New Guinea. Journal of Forest Planning10920
  3. 石橋整司(1990):シミュレーションモデルに基づく天然林の林分構造の動態に関する研究.東京大学農学部附属演習林報告.8211101

      

田中延亮 (所長補佐・助教)

専門分野等
  森林水文

主な業績

  1. 田中延亮・蔵治光一郎 (2016): ホートン型表面流の発生を調べる簡易散水装置の考案と矢作川流域の人工林への適用. 矢作川研究. 20: 23-28.
  2. Tanaka, N., Levia, D., Igarashi, Y., Nanko, K., Yoshifuji, N., Tanaka, K., Tantasirin, C., Suzuki, M., Kumagai, T. (2015): Throughfall under a teak plantation in Thailand: a multifactorial analysis on the effects of canopy phenology and meteorological conditions. International Journal of Biometeorology. 59: 1145-1156.
  3. Tanaka, N., Kuraji, K., Tantasirin, C., Takizawa, H., Tangtham, N., Suzuki, M. (2011): Relationships between rainfall, fog and throughfall at a hill evergreen forest site in northern Thailand. Hydrological Processes. 25: 384-391.

水内佑輔 (助教)

専門分野等
  森林風景計画,風景評価,ランドスケープGIS 

主な業績

  • 水内佑輔・野嶋大智・古谷勝則 (2016): 明治の森高尾国定公園を事例とした自然公園における森林トレイル利用者の風景評価. ランドスケープ研究 (オンライン論文集). 9(0), accepted.
  • 水内佑輔・古谷勝則 (2016): 1930年代の国立公園の選定の経緯と田村剛の評価の枠組み: ランドスケープ研究 (オンライン論文集). 9(0), accepted.
  • Mizuuchi, Y., Son, Y., Kang, M., Furuya, K. (2015):Constructing a Survey Method for Landscape Evaluation Using Visitor Employed Photography and GPS: Landscape Research Japan Online 8(0), 1-7.

佐藤貴紀(特任助教)

専門分野等
  森林水文

主な業績

  1. Sato, T., Tanaka, N., Tanaka, K., Igarashi, Y., Yoshifuji, N., Suzuki, M., Tantasirin, C. (accepted) Applicability of thermal dissipation method (TDM) for sap flow measurements of teak tree. 演習林報告.
  2. Sato, T., Oda, T., Igarashi, Y., Suzuki, M., Uchiyama, Y. (2012): Circumferential sap flow variation in the trunks of Japanese cedar and cypress trees growing on a steep slope.Hydrological Research Letters, 6: 104-108. doi: http://dx.doi.org/10.3178/hrl.6.104
  3. 佐藤貴紀・松井理生・田中延亮・蔵治光一郎 (2016) 東海地方の温暖帯二次林におけるカシノナガキクイムシ被害の経年変化. 中部森林研究, 64:47-50.

Anand Nainar(特任研究員)
 専門分野等
  Hydrology(水文学),Catchment hydrology(流域水文学)

主な業績

  • Nainar, A., Bidin, A., Walsh, R. P. D., Ewers, R. M., Reynolds, G. (2017): Effects of different land-use on suspended sediment dynamics in Sabah (Malaysian Borneo) – a view at the event and annual timescales. Hydrological Research Letters. 11(1): 79-84
  • Luke, S. H., Barclay, H., Bidin, K., Chey, V. K., Ewers, R. M., Foster, W. A., Nainar, A., Pfeifer, M., Reynolds, G., Turner, E. C., Walsh, R. P. D., Aldridge. D. C. (2016): The effects of catchment and riparian forest quality on stream environmental conditions across a tropical rainforest and oil palm landscape in Malaysian Borneo. Ecohydrology. DOI: 10:e1827. https://doi.org/10.1002/eco.1827
  • Nainar, A., Bidin, A., Walsh, R. P. D., Ewers, R. M., Reynolds, G. (2015): Variations in suspended sediment yield and dynamics in catchments of differing land-use in Sabah. Transactions on Science and Technology. 2(1): 1-19


技術職員

井上淳 (技術主任)

専門分野等
  きのこ分類,安全衛生管理

主な業績

  1. 井上淳・澤田晴雄・鎌田直人(2010): 東京大学愛知演習林と石川県におけるコナラの直径-辺材率関係とナラ枯れの枯死率. 中部森林研究, 58: 13-16.
  2. 井上淳・荒木田きよみ・澤田晴雄・高徳佳絵・後藤太成・渡部賢・荒木田善隆 (2009): 東京大学愛知演習林ヒノキ密度試験地の成長経過. 中部森林研究, 57: 15-18.
  3. 渡部賢・井上淳・高徳佳絵・荒木田きよみ・後藤太成・芝野博文・澤田晴雄・荒木田善隆 (2008) 材線虫病被害後の海岸林における樹種構成の比較-七里御浜国有林と愛知演習林新居試験地の事例から-. 演習林, 47: 1-29.

高橋功一

専門分野等
  気象・量水データ回収,水質分析

主な業績

  1. 高橋功一・田中延亮・松井理生(2017)生態水文学研究所白坂小流域の林分構造の変化-1954年,2007年,2014年の調査結果より-,中部森林研究,65:101-104
  2. 五名美江・高橋功一・蔵治光一郎(2016)広葉樹二次林内および隣接表層崩壊地における表面流の比較,中部森林研究,64:105-106

梁瀬桐子

専門分野等
  気象・量水データ回収,森林管理

主な業績

  1. 軽込勉・塚越剛史・里見重成・梁瀬桐子・久本洋子・山田利博・米道学・後藤晋 (2014): 房総半島産のヒメコマツ人工交配実生苗の挿し木発根における光環境条件の検討. 関東森林研究, 66: 53-36.
  2. 當山啓介・村川功雄・塚越剛史・鶴見康幸・三次充和・梁瀬桐子 (2014): 皆伐地斜面上部に設置したスギ枝条を用いた簡易筋工の安定性. 関東森林研究, 66: 95-66.

里見重成

専門分野等
  気象・量水データ回収,森林管理

主な業績

  1. 里見重成・米道学・軽込勉・塚越剛史・簗瀬桐子・久本洋子・後藤晋 (2016): 70年生キヨスミミツバツツジのさし木増殖の試み. 森林遺伝育種学会誌, Vol.6 (No.1): 18-20.
  2. 里見重成・軽込勉・米道学・久本洋子 (2016): キヨスミミツバツツジのさし木発根条件の検討. 演習林(東大), 59: 59-68.

岸本光樹 

  専門分野等
    気象・量水データ回収,森林GIS
  主な業績

  1. 平田和彦・岸本光樹・弘岡拓人(2014):生態学への入口として博物館が果たす役割:中学生、高校生に与える意識と経験(〈連載〉博物館と生態学(24)).日本生態学会誌,64(3):271-276

事務職員

平野圭二 (事務主任)

非常勤職員

加藤敦美
加藤純子
加藤正勝
黒木里香
高橋由佳
田中智子
新実夏美
橋本聖
渡辺平和