東京大学千葉演習林 - 東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林

施設案内

事務所・作業所

  • 天津事務所

    天津事務所

    千葉演習林の中枢です。建物は大正14(1925)年に建てられた趣のある建物です。
  • 清澄作業所

    清澄作業所

    千葉演習林全域の森林管理業務を担っています。建物は明治36(1903)年建築で、千葉演習林に現存する最も古い建物です。
  • 札郷作業所

    札郷作業所

    札郷と郷台にある苗畑の業務を担っています。
  • 郷台作業所

    郷台作業所

    郷台方面の業務拠点となっています。

宿泊施設・利用可能施設

清澄構内

  • 清澄学生宿舎

    清澄学生宿舎

    実習等で利用できます。和室、洋室、男女別の浴室・トイレがあります。2017年に主に水回りの改修工事が施され、3基のシャワーブースが増設されました。
    • 洋室 6人部屋 3室、4人部屋 2室
    • 和室 12.5畳、7.5畳、6畳1室ずつ
    • 食堂
  • 清澄ログハウス

    清澄ログハウス

    主に長期滞在する研究者が利用しています。自炊設備が設けられています。
    • 洋室 1人部屋×5室、2人部屋×1室
    • キッチン
    • 共有スペース
  • 森林博物資料館

    森林博物資料館

    千葉演習林内で採集された学術標本・剥製や、かつて使用された道具や書物などが展示・保管されています。
  • 清澄講義室

    清澄講義室

    実習等の座学に使用できます。最大で30名収容可能です。備え付けプロジェクターがあります。

札郷構内

  • 札郷学生宿舎

    札郷学生宿舎

    実習等で利用するための施設です。
    • 主に教員・長期滞在者用の施設です。
    • 学生宿舎の内部
    • 学生宿舎の内部

郷台作業所構内

  • 郷台旧学生宿舎

    郷台旧学生宿舎

    現在は宿泊機能はありません。郷台旧学生宿舎は休憩施設(トイレ有り)として利用しています。

最新情報はこちら

千葉演習林の試験地・研究紹介

ページTOPへ