1. HOME
  2. 研究
  3. 演習林以外の研究者による研究利用

研究

演習林以外の研究者による研究利用

research_img001.jpg演習林は農学部をはじめとする東京大学の多くの学部や研究施設、また全国の大学や研究機関に対しフィールドや材料・データを提供し、多くの学生・研究者の研究活動を推進・支援しています。また、利用者の希望によっては林分・流域単位での大規模な実験を行うこともあります。演習林で行われる調査・研究は、動物や植物などの生物の特性やそれをとりまく生態系の調査、光合成やストレス耐性など樹木生理に関する調査、森林施業と樹木の材積成長に関する調査、大気や水などの物質循環に関する調査、地質や土壌形成に関する調査、環境教育プログラム開発に関する調査、森林情報のデジタル化やネットワーク化のための研究など多岐にわたっています。また、利用者同士の交流を深めるための利用者交流会を開催したり、学術論文誌「演習林報告」を刊行するなどして、研究成果の公表の場を提供しています。

演習林では多くの方に演習林を利用していただけるよう、研究者の参考となる学術資料集として「演習林」を、演習林で行われた研究や論文等の活動実績報告として「演習林年報」を毎年出版し、広く情報の提供を行っています。また、研究の基盤となる気象・生物・水文・試験地・GISなど情報を収集・データベース化し、ホームページなどで公開するべく準備を進めています。

演習林の利用に際しては、各演習林が指定する利用申込書に研究内容・協力依頼事項などを記入し、提出する必要があります。また、希望する研究フィールドや試料の所在が分からない方には演習林教育研究センターでご相談を承っていますので、お気軽にお問い合わせください。詳しくは利用案内をご覧ください。