「東京大学の森」育成資金

こんな社会教育

~野外環境教育の普及と体系化を進めています~
todainomori-8.jpg
自分たちで作った巣箱の野鳥観察

「東京大学の森」では、生態系や生物多様性などに対する関心の高まりに応じ、広く環境教育を行っています。現在のような情報化社会のなかでますます重要になりつつある野外教育の普及と体系化を進めています。
野外教育では、地域の小中高校生や一般市民を対象とした森に関する様々な公開講座を行っています。その中にはサポーター(ボランティア)養成講座もあり、生涯教育の場を提供しています。そのほかにも、小中学校の総合学習科目への協力や、小中高等学校教員を対象とした森林教育についての講座の開催など、多彩な活動を行っています。

こんな研究~長期間にわたる、大規模な実験をしています~