スタッフの紹介

浅野友子(研究所長、講師)


yuko asano

「富士癒しの森研究所」は、人間活動と森林生態系をつなぐ新しい森林文化の創造をめざしています。どうぞよろしくおねがいします。

<出身>滋賀県

<趣味>読書など

<専門分野>森林水文学、砂防学

<所属学会>日本森林学会、砂防学会、水文水資源学会

<研究テーマ>

 山に降った雨はどうでてくるのか?を主に野外調査から解明する研究をしています。得られる知識は山地での水資源の管理や土砂災害予防に必要で、自 然を利用し保全しながら人間が生存していく上で欠かせないと考えています。

齋藤暖生(所長補佐、助教)   haruo_s@uf.a.u- tokyo.ac.jp

Haruo Saito

2008年10月より、秩父演習林から異動してきました。北国出身のため、ここの冷涼な空気がよく馴染みます。森を知り、うまく使い、時に愛でる、 そんな森と関わる営みを、周りのみなさんと共有しながら、この地域の未来と、森林と人間の関係構築に貢献したいと思っています。

<出身>岩手県

<趣味>釣り、山菜・きのこ採り、雪山遊び、薪割り、焚き火などなど

<専門分野>森林政策学、森林―人間関係論、生物民俗学、コモンズ論

<所属学会>日本森林学会、林業経済学会、日本菌学会、日本地理学会、生き物文化誌学会、温泉地域学会、 International Association for the Study of the Commons

<研究テーマ>


藤原章雄(教育研究主任、助教)  
akio@uf.a.u-tokyo.ac.jp

身近な森林についていろいろなことを知る一番いい方法は、その森林に詳しい人と一緒に現地行って話を聞くことなのですが、インターネットやマルチメディアに代表される情報 技術を使うことで,現地に行けない人々でも情報端末を通して似たような体験ができるのではないかと考えています。具体的には,サラウンド音声とビデオ によるリアルな森林環境の記録・再生,森林に関するデジタル情報の集積と活用,インターネットを使ったリアルタイム森林情報配信などに取り組んでいま す。テレビや出版,インターネットなどのメディアがどのように情報を人に伝え、影響を与えるのかといった、社会情報学と情報工学および森林科学の境界 分野に興味があります。

<出身>熊本県

<趣味>なんにでも興味を示すわりには、あまり深みにははまっていかない軽薄な人間です(笑)スキー(フリーライドやってみたい)、ギター、ベー ス、フライフィッシング(道具かっただけ)漫画(大友克洋、鈴木翁二、ますむらひろし、内田春菊、つげ義春などいわゆるガロ系中心。最近の情報は分か らない)

<専門分野>森林情報学、森林計画学、森林経理学、森林情報メディア論

<所属学会>日本森林学会森林計画学会日本造園学会、地理情報システム学会、映像情報メディア学会環境情報学会日本サウンドスケープ協会

<研究テーマ>


辻和明(技術主任、技術専門職員)

辻和明

富士の自然に日々癒されながら森林管理 業務にあたっています。

<出身>東京都

<趣味>自転車でウロウロ、自動車でウロウロ


西山教雄(技術専門職員)

 研究所の森林管理を担当しています。研究所を訪れる方が楽しめる憩いの空間作りに努めていきたいと思います。

<出身>山梨県

<趣味>無趣味





齋藤純子(非常勤職員)

主に事務を担当しています。
 小さなアリの存在でも何かのお役に立てるという思いで取り組んでいます。
 疲れた時はバードウォッチングが私の癒しです。

<出身>京都府

<趣味>美味しい物を食べる&作ること,旅,冬はスキー(今は特にテレマーク)夏は…,バードウォッチング, 音楽,釣り,クラフト造り,ファッションなどなど



高村史香(非常勤職員)

雄大な富士山の麓で仕事できる日々に感謝です!

<出身>山梨県

<趣味>料理

PAGE TOP