森林野生動物研究会HP

 

会誌のオンライン公開について

森林野生動物研究会誌 18〜37号(野兎研究会誌 1〜17号)がCiNiiにて全文公開されています。
CiNiiの廃止にともない、将来的にはJ-STAGEへ移行する予定です。
今後も、発刊から3年経過したものを順次公開する予定です。 

 

入会のおさそい

 

 

<森林野生動物研究会とは>

森林野生動物研究会は、森林造成に対する野生獣による各種被害の中でも特に問題となっていた野兎の食害に対してその生態と防除に関する研究を目的として1970年に発足した「野兎研究会」から発展した研究会です。哺乳類、鳥類、昆虫類など、森林に生息する全ての野生動物を対象とした研究会として1990年に現在の会名に変わりました。防除を単なる短期的、対処療法的な対策ではなく、科学的な分析に基づいた長期的な対策をたてるには、森林と森林動物の生態研究と生息数の把握が欠かせません。このことは、動植物の多様性を保つという環境保護の問題としても、重要視されています。本研究会は、そうした様々な森林と森林野生動物に対する、広い視野と長期的構えを持った基礎的研究と応用的研究の発展を目指しています。

森林野生動物研究会入会案内
1.  森林野生動物研究会はノウサギ他による激しい森林被害の防除と害獣の生態に関する研究の推進を目的として,1970 年に発足した「野兎研究会」が1990 年に改名した研究会です.森林に生息する野生動物の生態,森林被害とその防除,生息環境の保全,生物種多様性の保全等に関心のある方はどなたでも入会できます.
2. 年会費は正会員5,000 円,学生会員3,000 円,機関会員20,000 円,賛助会員30,000 円以上です.
3. 会員には会誌「森林野生動物研究会誌」が年1 回配布されます.
4. 会員は年1 回開催される大会で研究発表することができます.
5. 入会申し込みは次頁の入会申込書にご記入の上,事務局宛にご送付下さい.

会申込書・異動連絡票のダウンロード

会申込書或いは異動連絡票記入要領
1.  入会申込書及び異動連絡票は会員管理データベースの原票となります.原則としてすべての項目にご記入下さい.ここで得た情報は学会の事務連絡以外には使いません.
2. 年はすべて西暦でご記入下さい.
3. 会員種別,会員への連絡先及び会誌送付先は該当項目に○印をつけて下さい.
4.  学生会員は勤務先の欄に在学中の大学,学部,学科,大学院研究科,専攻,課程を記入の上,会員或いは指導教員の署名を添えてください.
5. 会員名簿への記載を希望しない項目には□欄に× 印をご記入下さい.

会員異動連絡のお願い
1. 会員に移動のあった場合,以下のページにある異動連絡票にご記入の上事務局宛お送り下さい.
2. 異動のあった項目名を○印で囲んでください.

入会申込書或いは異動連絡票送付先
 森林野生動物研究会事務局
 〒116-0011
 東京都荒川区西尾久7 丁目12-16
 創文印刷工業(株)
 TEL 03-3893-0111,FAX 03-3893-3603

 jwrs@soubun.com

会費振込先
 郵便振替口座番号 02790-2-22784
   加入者名 森林野生動物研究会
 銀行口座 みずほ銀行 青葉台支店(395)普通1927308
   名義 森林野生動物研究会

 

<研究会の活動>

 毎年1回、大会と研究発表会を開催し、開催地に関連する特有の問題について現地検討会も行って、研究交流を図っています。また、研究会誌「森林野生動物研究会誌」を年に1回発行しています。1997年には、研究会の大きな事業として、長年に亘って行ってきた森林野生動物生息数推定方法の研究について、フィールド必携のマニュアルとして共立出版から発刊しました。広い長期的視野に立った基礎的研究には、各分野の研究者・学生や森林現場と様々な関わりを持つ実務者、関心を持つ市民とも連携が必要です。広い分野の交流ができるよう、新たな取り組みも計画されています。

 

      第51回研究会大会(2018/10/13)(東京女子大で開催します)

     発表申込締切:9月30日(延長しました)  
     参加申込・講演要旨締切:9月30日

            第50回研究会大会(2017/10/28-29)(終了しました )

      第49回研究会大会(2016/10/29-30)(終了しました)

第48回研究会大会(2015/10/31-11/1)(終了しました)

      第43回研究会大会(2010/11/27-28)(終了しました)