1. HOME
  2. 研究
  3. 演習林の研究
  4. 研究室
  5. 森林圏生態学研究室

研究

森林圏生態学研究室

本研究室の研究のキーワードは、森林生態系の動態と生物多様性の維持機構です。森林やそこに生息する動物や昆虫の群集・個体群を対象に、生物間の相互作用、遺伝的構造や環境に対する適応、温暖化の影響などに関する研究を展開しています。

主な研究テーマ

  • 葉食性昆虫の時空的個体群動態と生物間相互作用
  • 地球温暖化に伴う森林昆虫への影響
  • 森林衰退に関係した木材を利用する昆虫の研究
  • 土壌微生物群集の生態系機能
  • 生物多様性の地理的分布とその形成過程
  • 森林の長期的動態と多様性
  • 大規模台風による風倒撹乱およびその後の森林発達
  • 縞枯れ更新林の森林構造と動態
  • 標高勾配に沿って設置したシカ排除柵を用いた生態学的研究
  • 標高適応に関与する形質の遺伝基盤に関する研究
  • カシワとミズナラの雑種形成プロセスに関する研究
  • タケ類の一斉開花現象の分子機構の解明
  • 北方針葉樹トドマツにおける花成遺伝子の発現解析
  • ササ類における推定雑種分類群を検出する分子マーカーの検討

スタッフ

ForEco09.jpg
シカの影響を排除するために設置した防鹿柵

ForEco10.JPG
ナラ枯れ被害の状況とカシノナガキクイムシ

ForEco11.jpg
倒木上に発生したエゾマツ実生の追跡調査

ForEco12.jpg
風による撹乱と更新が繰り返されて維持される
縞枯れ現象

ForEco13.jpg
温帯性タケ類の一種・トウオカメザサの花序

ForEco14.jpg
高所作業車を用いたトドマツの球果計測

ForEco15.jpg
雪の中でのササ類の標本採集

ForEco16.jpg
葉食性昆虫ブナアオシャチホコの大発生