教員の紹介

竹本 周平

takemoto.jpgTakemoto, Shuhei

助教(田無演習林/森林生物機能学研究室)
専門分野:樹病学・微生物生態学

プロフィール
1978年 広島県生まれ
1997年 広島大学附属高等学校 卒業
2002年 京都大学生産環境科学科 卒業
2007年 京都大学大学院農学研究科地域環境科学専攻博士課程 修了
2007年 4月 農研機構果樹研究所 研究補助員
(併任: 神奈川県立生命の星・地球博物館 外来研究員)
2008年 4月 農業環境技術研究所 特別研究員
2011年 4月 森林総合研究所 非常勤職員
2011年 6月 森林総合研究所 非常勤特別研究員
2013年 4月 森林総合研究所 非常勤職員
(併任: 神奈川県立生命の星・地球博物館 外来研究員)
2013年 10月 東京大学演習林 特任助教
2014年 6月 東京大学演習林 助教

20年以上前になりますが、故郷の山のマツの木が一時にほとんど枯れてしまったことがありました。いわゆる「マツ枯れ」です。そのときの異様な光景には、中学生だった私の心にも何か訴えるものがあったのでしょうか、のちに私は大学でマツ枯れの研究に取り組むこととなり、いまに至るまで樹木の病原体などの微生物に関する研究に携わっています。微生物が他の生物や環境からの影響に対してどのように適応しているのか、それらにどのように働きかけているのかを明らかにしたいと思っています。
美術館めぐりが好きで、ゆったりできる日には興味にまかせて美術館のハシゴをしたりしています。ほかにも趣味はたくさんあるのですが、なかなか大成しないので不甲斐ないことです。体を動かすことでいえば、自転車で遠乗りするのは楽しいです。

★現在の主要な研究テーマ
★研究業績
★学位及び賞等
★学会活動
★教育活動
★社会貢献
★ひとこと


★現在の主要な研究テーマ
「土壌病原菌である白紋羽病菌Rosellinia necatrixおよび類縁菌の分類と生態に関する研究」

★研究業績

研究業績データベース

    ★学位及び賞等
    博士(農学)(京都大学)「マツノザイセンチュウの病原力の進化に関する研究」2007年3月

    ★学会活動
    樹木医学会、日本土壌微生物学会、日本菌学会、日本応用動物昆虫学会、日本生態学会、日本線虫学会、日本森林学会、日本植物病理学会

    ★教育活動
    ●教養学部
    全学体験ゼミナール「都市の緑のインタープリター養成」

    ★社会貢献
    森林インストラクター
    我孫子市鳥の博物館 市民スタッフ
    『季刊理科の探検』誌 編集委員

    ★ひとこと
    研究のおもしろさって、なんでしょう。いちばん根元にあるのは、驚きと感動ではないでしょうか。誰も知らない現象を発見したとき、漠然と理解されていた現象にきれいな説明がつけられたとき、新たなデータや解析によって問題が解決したとき、研究ならではの達成感を感じます。なかなかすんなりとは行かないので苦しむことも多いですが。
    研究を通じていろいろな人と出会えることもまた、おもしろさのひとつです。自分の個性を共同研究のなかでうまく活かせたとき、また逆に共同研究者の力を借りて大きな成果が出せたとき、ささやかながら自分の成長が実感できます。
    やはり研究はひとりでできるものではありません。共同研究者以外にも多くの協力者がいるはずです。また、周囲の人たちと話をしているなかで研究のアイデアが浮かんでくることも多いでしょう。さらに言えば、あらゆる研究は過去の研究の積み重ねの上に成立するものです。そして自分の研究も、過去から未来へ連綿と続く流れの一部分を構成することになります。何年後か何十年後か、自分の書いた論文を誰かが読んで何かを思いつくかもしれない・・・おもしろいことだと思われませんか。