教員の紹介

鈴木 智之

suzuki_s.jpgSuzuki, Satoshi

助教(秩父演習林/森林圏生態学研究室)
専門分野:植物生態学・樹木群集動態

プロフィール
1980年 東京都町田市生まれ
1999年 桐朋高等学校卒業
2003年 東京都立大学理学部生物学科卒業
2005年 東京都立大学大学院理学研究科生物科学専攻修士課程修了
2005年 首都大学東京 理学研究科 研究生
2009年 首都大学東京大学院理工学研究科生命科学専攻博士後期課程修了
2009年 首都大学東京大学院理工学研究科 客員研究員
2010年 財団法人自然環境研究センター プロジェクト専門員(北海道大学苫小牧研究林勤務)
2012年 信州大学山岳科学総合研究所 助教(特定雇用)
2013年1月 東京大学演習林 助教

生まれたときから大学院を出るまで東京都郊外の多摩地区に生活の中心がありました。生態学を専門とするようになったのも、子供の頃遊んだ里山的自然が、地域から徐々に消失していく過程を見てきたということが根底にあると思います。大学院では、北八ヶ岳の亜高山帯林で、台風による大規模風倒後の森林発達やこの地域に見られる「縞枯れ林」などを調査研究してきました。学位取得後は、局所的な草本群集から全国の森林樹木群集までの様々な材料を対象に、野外調査と統計的解析によって生態学的な研究を行っています。

★現在の主要な研究テーマ
★研究業績
★学位及び賞等
★学会活動
★教育活動
★社会貢献
★ひとこと


★現在の主要な研究テーマ

「森林の長期的動態と多様性」
「シカ食害が植物群集に与える影響」
「伊勢湾台風による風倒撹乱およびその後の森林発達」
「縞枯れ更新林の森林構造と長期的動態」
「断片化した森林の樹木群集動態」
「気候勾配に対する森林の樹木群集動態・物質循環パターンの解析」
「多年生草本における黒穂病発症が個体群動態および遺伝構造に与える影響」

★研究業績
研究業績データベース

★学位及び賞等

博士(理学) 首都大学東京 (2009年3月)
Spatiotemporal variability of structure dynamics in Abies forests in northern Yatsugatake.

★学会活動
日本生態学会
日本森林学会

★教育活動
中央大学法学部通信教育課程「自然科学3(生物学)」

★社会貢献
首都大学東京南大沢キャンパス内緑地ハンドブック『ひなたブック』作成(分担)
各種自然観察会実施

★ひとこと
森林は非常に長い時間をかけてゆっくりと変化していますが、私達が直接見ることができるのはその長い歴史のほんの一瞬に過ぎません。現在の森林にみられるパターンを解析したり、過去のデータを活用することで、そのような直接観察できない長期的な森林の変化を推定・予測することを目指しています。