教員の紹介

前原 忠

Maehara, Tadashi

助教(教育研究センター/森林圏生態学研究室)
専門分野:森林昆虫生態学

18maehara.jpgプロフィール

1968年1月24日鹿児島県生まれ。兵庫県・大阪府にて幼少から中学3年1学期まで、その後和歌山にて高校卒業まで暮らした。母校は和歌山県立桐蔭高等学校。高校卒業後、駿台予備校の寮に入り京都で1年間を過ごした。1987年東京大学理科Ⅱ類入学。農学部林学科森林動物学研究室に身を置き、房総半島におけるオサムシの生態研究をおこなう。1993年3月修士課程終了。4月から東京大学農学部附属演習林に助手として採用され、千葉演習林や田無演習林勤務の後現在に至る。
中学1年から始めたハンドボールを高校・大学と続け、現在東大現役チームの練習に週一程度でお邪魔し、先輩風を吹かしている。体を動かすことが好きで、スポーツ観戦も趣味の一つ。自然の中に身を置いて周りを眺めることが好きで、単なる登山よりも自然散策とか、海水浴よりも磯遊び・素潜りなどが好み。幼少の頃より昆虫採集に明け暮れ、小動物に対する思いが高じて現在の職についたと周りからは思われているらしい。インドアではコロプラやパズドラなど。現在、パズドラの師匠として息子を召還中。西東京市在住。

★現在の主要な研究テーマ
★研究業績
★学位
★学会活動
★教育活動
★社会貢献
★ひとこと


★現在の主要な研究テーマ

「森林生態系における地表徘徊性甲虫の機能の解析」
「大型土壌動物とその生息地環境の相互作用解析」
「森林地域におけるオサムシの環境選好性に関する研究」
「人為的な環境改変に伴う地表徘徊性甲虫類の群集動態」

★研究業績
研究業績データベース

★学位
東京大学修士(農学) 1993

★学会活動
日本林学会、日本生態学会、日本応用動物昆虫学会、日本土壌動物学会

★教育活動
●農学部
「森林動物学実験」
●教養学部
全学体験ゼミナール「危険生物の知識」

★社会貢献
子ども樹木博士認定活動(田無演習林)

★ひとこと
身の回りに普段から存在している多くの動物達。しかし、あるものは夜行性で、あるものは地中に住まい、あるものは目に見えないほど小さい動物、それが土壌動物です。雨の日も雪の日も、気温が35℃を超えようが氷点下だろうが、汗と泥にまみれながらフィールドに出かけます。そこでは、常に新たな発見と感動があります。共にフィールドに出かけ土に触れながら科学の眼を磨く人が集まることを期待しております。