教員の紹介

田中 延亮

Tanaka, Nobuaki

tanakan.jpg

助教(生態水文学研究所/森林流域管理学研究室)
専門分野:森林水文学


プロフィール
1996年 東京大学農学部林学科 卒業
1998年 東京大学大学院農学生命科学研究科 森林科学専攻 修士課程修了
1999年 同専攻 研究生
2000年 同専攻 博士課程(日本学術振興会特別研究員(DC))
2000年 東京大学農学生命科学研究科農学国際専攻 助手
2005年 東京大学 博士(農学)学位取得
2005年 科学技術振興機構 研究員
2007年 東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林 助教
現在に至る

★現在の主要な研究テーマ
★研究業績
★学位及び賞等
★学会活動
★教育活動
★社会貢献
★ひとこと


★現在の主要な研究テーマ
「森林生態系や気候の変動と森林の水循環の関係解明」
「幾つかの東南アジア熱帯季節林における水・物質循環の観測研究」

★研究業績
研究業績データベース 

★学位及び賞等
博士(農学)(東京大学)「長期現地観測記録に基づく樹冠通過雨量と樹冠遮断量に関する研究-日本のスギ,ヒノキ林とタイの丘陵性常緑林を対象として-」 2005年

★学会活動
水文水資源学会,日本森林学会,砂防学会 

★教育活動
●教養学部
「全学体験ゼミナール」(2007-2013年度を分担)
「総合科目D」(2009-2013年度を分担)
●農学部
「測量学実習」(2008-2013年度を分担)
●大学院
「農学国際実地研究Ⅰ」(2002年)
「国際森林資源環境学」(2003-2004年度を分担)
「森林圏水循環機能学」(2009、2011、2013年度を分担)

★社会貢献
日本森林学会会計主事(2002-2004年度)
犬山研究林利用者協議会理事(2013年度-)

★ひとこと
森林生態系や気候の変動に対して、森林の水・物質循環がどのように応答するのかという点について、生態水文学研究所をはじめとする国内の演習林、インドシナ半島の熱帯季節林を対象にして研究しています。