教員の紹介

尾張 敏章

owari.jpg

Owari, Toshiaki

准教授(千葉演習林長/森林流域管理学研究室)
専門分野:林業経営学、森林管理学

プロフィール
1971年神奈川県生まれ。1996年東京大学大学院農学生命科学研究科森林科学専攻博士課程退学。北海道大学助手、東京大学講師を経て、2012年より現職。博士(農学)。2003-2005年ヘルシンキ大学(フィンランド)にて長期在外研究、2014年日本学術振興会特定国派遣研究者(スロベニア、リュブリャナ大学)、2018年アジア工科大学院(タイ)客員准教授。専門分野は森林管理学、林業経営学。共著書に『21世紀の森林利用技術-デルファイ法による技術予測-』(林業機械化協会)、『ヨーロッパの森林管理-国を超えて・自立する地域へ-』(日本林業調査会)、『続・林業GPS徹底活用術 応用編』(全国林業改良普及協会)、編著書に『Developing a Network of Long-term Research Field Stations to Monitor Environmental Changes and Ecosystem Responses in Asian Forests』(東京大学演習林出版局)など。


★現在の主要な研究テ-マ
「近自然型の森林施業」
「空間情報技術を用いた精密森林管理」
「スギ高齢人工林の成長と管理」

★研究業績
研究業績データベース
researchmap
CiNii

ResearchGate
ORCID
Google Scholar Citations
publons

    ★学位および賞
    ★学会活動
    ★教育活動
    ★社会貢献
    教員プロフィールデータベース
    Facebook
    LinkedIn

      ★ひとこと
      1894(明治27)年に日本初の大学演習林として創設された東大千葉演習林。120年以上の歴史を持つ当演習林には、多様度の高い天然林と高齢級・高蓄積の人工林とが共存し、森林・林業の研究に必要なデータや設備、スタッフが揃っています。現場を熟知し高い技術力を持った職員と議論しながらの論文作成は、学生生活において貴重な経験となることでしょう。ここ房総の森で私たちと一緒に研究がしたい!と希望する意欲的な学生・院生諸君からの連絡を待っています。