教員の紹介

浅野 友子

Asano, Yukoasano.jpg

講師(秩父演習林・富士癒しの森研究所所長併任/森林流域管理学研究室)
専門分野:森林水文学

プロフィール
1992年 滋賀県立膳所高等学校卒業
1996年 京都大学農学部林学科卒業(砂防学)
2001年 京都大学大学院農学研究科 博士課程修了(森林水文学)
2001~2003年 日本学術振興会特別研究員(PD)
2002年9月~2003年2月 US Environmental Protection Agencyにて研究
2003年12月~ 東京大学演習林 助教
2008年10月~ 東京大学演習林 講師

山や森林に降った雨はどのようにでてくるのか?を野外調査や実験室での分析、数値モデルなどを使って解き明かす研究をしています。このような研究は山地での水資源管理や土砂災害予測のために必要で、地球上で自然環境を利用し保全しながら人類が生存していく上では欠かせない仕事と考えています。自然現象は荒々しい一方で繊細な一面もあり、とても複雑なのですが、そのしくみを少しずつ解き明かすことができる感動は大きいです。興味のある方ぜひいっしょに現場で「何がおこっているのだろうか?」と頭を悩ませましょう。学生、ポスドク募集しています。

・ 森林の成立・土壌生成にともなう流域の酸性雨中和プロセスの時間変化
・ 地中の不均一な水の流れが森林生態系の養分循環、物質循環に及ぼす影響
・ 流域のスケールと降雨-流出
・ 森林荒廃が洪水・河川環境に及ぼす影響の解明

★現在の主要な研究テーマ
★研究業績
★学位および賞
★学会活動
★教育活動
★ひとこと


★現在の主要な研究テーマ
「気候変動下における洪水予測精度高度化に向けた新たな水文観測技術の開発」
「山地斜面の水流出経路、貯留水量の空間的不均一性に基づく崩壊発生場所・形態の予測」
「山地源流域における降雨-流出の流域間比較に有効な手法の開発」
http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/asano/Index.html
「気候変動、森林の成立や土壌生成にともなう水・物質循環の時間変化」
「斜面の水・養分・土砂移動と森林生態系の関係」

★研究業績
研究業績データベース 

★学位及び賞等
京都大学博士(農学)「Hydrological study on acid neutralizing processes in headwater catchments.(山地源流域における酸中和プロセスに関する水文学的研究)」2001年
日本林学会奨励賞 2003年 

★学会活動
日本森林学会、水文・水資源学会、砂防学会、AGU 

★教育活動
●教養学部
全学体験ゼミナール「癒しの森を創る(夏)」「癒しの森を創る(冬)」「春の奥秩父を巡る」
●農学部
「森林生態圏管理学」
●大学院
「森林圏水循環機能学」 

★ひとこと
演習林には100年以上にわたり森林に関わるさまざまな研究・技術開発に取り組んできた歴史あるフィールドがあり、また多様な専門分野を持つ先生、それぞれの専門分野を学びながら課題研究に真摯にとりくむ多彩な学生が所属しています。ここでは森林に関する幅広い知識を身につけ、気候変動や人間活動に対して森林がどのように応答してきたのか理解し、未来を予測するといった長期的、多面的な視点で面白くて重要な研究や思索が可能です。このような環境で、充実した学生生活を送りませんか?