樹芸研究所 概要

1. 沿革と概要

 「樹芸研究所」、「樹芸」とは何か?とよく質問をいただく。その問いには、「樹芸」とは樹に親しみ、樹を暮らしに役立て、樹を育むといったことを包含するものと捉えているとお答えしている。かって「樹芸」というものは日本人にはごく当たり前のものであった。そのほとんどが「経済」の原理によって消え去ろうとしている。いや、すでに消えてしまったものが多いのか。さて、それらの消滅は本当の意味で「経済」的に合理性があったのか、原点を多角的に見詰め直した上で総合的に判断して、それらを幾ばくかでも私どもの暮らしに取り戻して行きたい。取り戻すべきものがきっとあると思う。私どもの大きな目標は「樹芸」を教育と研究に盛り込み、未来の日本の、そして未来の地球の子供たちに繋いで行くこと。そういう取り組みに微力を尽くしたい。これが樹芸研究所の願いである。
 東京大学演習林は、第二次世界大戦中、熱帯・亜熱帯産の特用樹木の研究施設として、1943年1月14日に静岡県賀茂郡南上村青野(現南伊豆町青野)に民有林241.29㏊を購入し樹芸研究所を設立した。翌1944年には、同郡南中村加納(現南伊豆町加納)に0.6115㏊の土地を借り入れ、温室建設の準備を始め、1947年に木造大温室が完成した。同年、加納に所長宿舎が竣工し、翌1948年にその一部に青野から事務所を移した。1948年には地下149mに自噴する温泉を掘り当て(温度100℃・毎分200ℓ湧出)、温室の熱源とした。源泉櫓は2010年に架け替えを行った。現在、2009年に改築した温室(面積260㎡、高さ7m)と総面積247㏊の研究林を利用して、様々な特用樹木の育成とそれらを教材とする教育プログラムを提供している。

2. 位 置

 伊豆半島南端の南伊豆町加納に温室・実験室・事務所があり、景勝地である弓ヶ浜へ6㎞、石廊崎へ13㎞の位置にある。交通は、伊豆急下田駅より約12㎞、子浦行き・伊浜行き・堂ヶ島行きの東海バスに乗り、約25分、加納バス停で下車徒歩約3分である。青野作業所へは、加納事務所より8㎞、車で15分である。

3. 地 況

 地質は新第三系中新統の白浜層群からなり、基岩は石英安山岩、ひん岩が貫入岩類として認められる。土壌は、やや乾性の褐色森林土である。標高は青野作業所管内で約100m~500m、地形は複雑急峻である。
 気候については、青野作業所の観測点(標高100m)における過去10年間(2006~2015年)の年平均気温は15.4℃である。年間で0℃以下を記録した日数の平均は23.3日(初日12月7日~終日3月31日)である。平均年降水量は2,391㎜で、降雪はほとんどない。

4. 林 況

 樹芸研究所の森林は暖温帯の照葉樹林帯に属し、潜在的にシイ・カシが優占する。その大きな部分を占めるシイ林は、かつて薪炭利用された林が利用されなくなり放置されたものである。スダジイ、アラカシ、ウラジロガシ、シロダモ、ヤブツバキ、イヌガシ、ヤブニッケイなどが混生する常緑広葉樹林である。一方、疎開した陽地には、コナラ、サクラ類(オオシマザクラ、ヤマザクラ)、ハゼノキ、オオバヤシャブシ、ミズキ、アカメガシワ、カラスザンショウなどの落葉広葉樹が多くみられる。林内にはヒサカキが多く、林床にはリョウメンシダ、ウラジロ、ナチシダなどのシダ類や、イズセンリョウ、フユイチゴ、ヤブコウジ、アリドオシなどが生育する。2007年頃までアオキが多かったがシカの被食圧により大きく衰退した。
 青野研究林のうち、23.5%がスギ、ヒノキなどの針葉樹人工林で、26.5%がクスノキ、ユーカリ属、アカシア属、アブラギリなどの有用広葉樹人工林である。約48㏊におよぶクスノキ人工林は林齢がおよそ110年であるが、他はほとんど65年生以下である。

5. 教 育

① 全学体験ゼミナール及び学生実習

 樹芸研究所では教養学部前期課程対象の全学体験ゼミナールに多くの資源を割いて対応している。体験学習を通じて、ありふれた放任竹林や旧薪炭林の問題を、自分の問題として捉えることができる仕組みとなっている。現在、教養学部の全学体験ゼミナールの他、農学部の森林実習が行われている。

② 温室教育プログラム

 樹芸研究所の温室は、現在、熱帯・亜熱帯の植物約250種を栽培・展示している。ただ展示するだけでなく、コーヒー、カカオ、バニラ、キャッサバという一般に馴染み深い熱帯産植物を利用した教育プログラムを提供している。

6. 研 究

① 有用広葉樹に関する研究

 青野研究林においては、内外の導入樹種の人工造林に関する研究を実施している。その内、ユーカリ属樹木はこれまでに暖温帯で栽培可能な優良種候補を選抜した。現在、それらの候補種による試験地の造成に取り組んでいる。また、クスノキ、アブラギリ等各種特用樹木について、これまでの試験データの解析・評価を行うとともに、教育利用の検討を進めている。

② 暖温帯林の環境保全的な森林管理手法の開発に関する研究

 青野研究林においては、暖温帯下部の代表的な森林植生を持つシイ・カシの茂る天然生林が半分の面積を占める。
 森林群集の動態を解明するため、長期生態系プロットを設置し、照葉樹の優占する二次林の動態調査を行っている。また、二次林の管理手法について検討するため過去に伐採された森林の林分構造、種の多様性、更新に関する研究を行っている。

7. 社会貢献

① 公開講座等

 樹芸研究所では、年数回、公開講座を実施している。森林散策、野鳥観察、子供樹木博士など、インストラクターのもと楽しみながら専門的な知識を得られる講座を、小中学生や一般を対象に開催している。

② 温室公開

 温室は一般に開放しており、通年(土・日・祝、及び、樹芸 休所日を除く)午前9時30分から午後4時00分まで、自由に見学することができる他、特別公開として熱帯植物の利用に関する体験学習アクティビティーを定期的に実施している。

樹芸研究所のご案内


樹芸研究所について



樹芸研究所の施設について


温室見学・施設の見学や利用
お問合せについて


教育活動および社会貢献
 (イベントや各種講座のご案内)


研究について


東京大学 各演習林のリンクなど