樹芸研究所業績リスト

2015.08.28 更新

戻る

著者名 題名 誌名 ページ
1949 猪熊泰三・倉田 悟 東京大学樹芸研究所用地及其付近の木本植物 東大演報 37 1-26
1949 木村陽二郎 樹芸研究所用地産野生植物目録 演習林(東大) 7 1-22
1949 北村博嗣 伊豆産モウソウチクの収縮に就て 日林誌 31(3,4合) 15-17
1949 鈴木 寧 モウソウチクの曲げの強さ 日林誌 31(3,4合) 17-19
1951 樹芸研究所・東大木材化学教室 樹芸研究所内湧出の温泉水の組成 演習林(東大) 8 113-114
1951 鈴木時夫・蜂谷欣二 伊豆半島の森林植生 東大演報 39 145-169
1951 渡辺資仲 クス樹養苗の一方法 樟脳 11 28-29
1951 渡辺資仲 クスの造林学的基礎研究(第1報)種子の二型性について 東大演報 39 13-20
1953 渡辺 章 ハゼノキ種子の吸水について 東大演報 44 7-13
1953 渡辺資仲 静岡県賀茂郡三坂村のアカシヤモリシマ林 東京林友 6(1) 4-9
1954 渡辺資仲 アカシヤモリシマ種子の発芽促進並びに吸水について 日林誌 36(11) 327-330
1954 渡辺資仲 アカシヤモリシマの移植について 日林誌 36(11) 347-348
1954 渡辺資仲 アカシヤモリシマの乾燥樹皮収量 日林誌 36(12) 389-390
1955 東大演習林 東京大学農学部付属樹芸研究所外来植物目録-演習林の近況 演習林(東大) 10 128-139
1955 渡辺 章 ハゼノキのタネに水が入る場所について-ことに硫酸処理と関連して- 東大演報 48 97-102
1955 渡辺資仲 タンニンアカシヤ-林業普及シリーズ44 日林協 79pp
1955 渡辺資仲 クスの造林学的基礎研究(第2報)ラウグスのタネの貯蔵試験 東大演報 48 91-95
1955 渡辺資仲 クスノキのタネの大きさについて 日林誌 37(12) 552-554
1956 渡辺 章 芳樟のサシキの発根におよぼすサシドコの温度の影響 東大演報 52 61-68
1956 渡辺 章 移植してしばらくのあいだのアカシヤモリシマの苗の水分関係 東大演報 52 69-74
1956 渡辺 章・後町修平・中塚友一郎 シナアブラギリの種子油の性状 65回日林講 333-335
1956 渡辺資仲 クスの造林学的基礎研究(V)クスの季節的発育相について 東大演報 52 53-60
1957 渡辺資仲 クスの造林学的基礎研究(第4報)クスノキ稚苗の季節的発育経過 演習林(東大) 12 79-94
1958 渡辺 章 台湾産クスの耐寒性について 東大演報 54 63-69
1958 渡辺資仲 クスの造林学的基礎研究(第5報)クスノキ苗木を移植してからしばらくの間の蒸散力と活着 東大演報 54 19-25
1958 渡辺資仲 クスの造林学的基礎研究(第6報)クスノキ苗木の葉のつみとる量をちがえたばあいの活着 東大演報 54 27-30
1958 渡辺資仲 クスの造林学的基礎研究(第7報)クスノキ苗木を移植した後,その土壌の乾燥が苗木の活着におよぼす影響 東大演報 54 31-36
1958 渡辺資仲 クスの造林学的基礎研究(第8報)湿度を異にした土壌に植付けたクスノキ苗木の活着 東大演報 54 37-42
1958 渡辺資仲 クスの造林学的基礎研究(第9報)クスノキ苗木の乾燥と活着,ならびに梱包した苗木の活着 東大演報 54 43-49
1958 渡辺資仲 クスの造林学的基礎研究(第10報)土壌の乾燥が苗木の生育に及ぼす影響 東大演報 54 51-61
1959 石川和泉 アカシヤモリシマ種子の莢内着粒部位と硬実 東大演報 55 171-179
1959 渡辺 章 土の乾燥がアカシヤモリシマのタネの発芽,およびマキツケ苗の水分関係におよぼす影響 東大演報 55 161-169
1960 石川和泉 アカシヤモリシマのタネの採集時期と発芽および硬実について 演習林(東大) 13 46-56
1960 渡辺 章 根切したスギ苗の水分関係 演習林(東大) 13 39-45
1962 東大演習林 東京大学農学部付属樹芸研究所外来植物目録-演習林の近況,Z,c 演習林(東大) 14 239-256
1962 渡辺資仲 クスの造林学的基礎研究(第11報)庇陰が苗木の生育におよぼす影響 東大演報 56 213-227
1963 郷 正士 各地産マツの苗の開花 74回日林講 241-243
1963 渡辺 章 夏の土壌乾燥がスギ苗の生長,とくに秋伸びに及ぼす影響 東大演報 58 313-330
1964 石川和泉 かわいたスギさし穂を水につけたばあい,その回復程度と発根の関係 日林誌 46(1) 30-32
1964 石川和泉 アカシヤ・モリシマ種子の含水量と硬実 日林誌 46(3) 83-84
1964 石川和泉 かわいたヒノキさし穂を水につけたばあいの回復程度と発根の関係 日林誌 46(6) 214-216
1964 笠井徳人・郷 正士 アカシヤモリシマの成長 16回日林関東支講要旨 13
1965 郷 正士 アカマツのタネの発芽と種皮 東大演報 59 1-18
1965 石川和泉 熱湯により発芽促進処理したアカシヤ・モリシマのタネは,いつまで当初の発芽率をたもつか 日林誌 47(4) 166-167
1965 渡辺 章 スギ苗の成長に対する尿素の葉面散布効果と,晩夏の苗の無機養分と秋の伸長量との関係 東大演報 59 19-24
1966 郷 正士・八木喜徳郎 ジベレリン軟膏処理によるスギのハナメの形成 演習林(東大) 16 21-26
1966 石川和泉 アカシヤ・モリシマ種子の熱湯による発芽促進処理.少量処理のばあいと多量処理のばあい 18回日林関東支講要旨 11
1967 郷 正士 各地産のマツ苗の開花と着果 78回日林講 154-156
1968 goo,m photoperiod and flowering of pinus densiflora seedlings 演習林(東大) 17 101-104
1968 郷 正士 クロマツのタネの発芽と肥料 演習林(東大) 17 113-120
1968 郷 正士 日長処理によるアカマツ苗の生長 20回日林関東支講要旨 1-2
1969 郷 正士・池田裕行 アカシヤモリシマの苗の大きさと活着 80回日林講 228-230
1969 郷 正士 アカマツの枝の増加と日長は関係があるか 21回日林関東支講要旨 9
1969 村越 勇・葉 英梅・郷 正士・萩庭丈寿 acacia mollissimaの新葉部から(−)-trans-4-hydroxypipe colic acidの分離 薬学雑誌 89(12) 1723-1725
1971 郷 正士 acacia mollissimaの植栽密度と繊維長および比重 東大演報 65 107-123
1971 郷 正士 スギのサシキと着花 日林誌 53(6) 165-169
1971 郷 正士・石川和泉・嶋田良平 母樹別によるフサアカシア苗と炭そ病(予報) 82回日林講 151-152
1971 郷 正士・里見由美子 アカシアモリシマ,フサアカシアの苗の耐凍性の年変化(予報) 20回日林中支講 186-188
1972 郷 正士・池田裕行 スギのさし木による着花と肥料 83回日林講 214-215
1972 佐保春芳・陳野好之 soleella cunninghamiae saho et zinno sp.nov.によるコウヨウザンの葉枯病(新称) 日林誌 54(10) 346-349
1973 郷 正士・池田裕行 モリシマアカシアの肥料効果(予報) 25回日林関東支講要旨 28
1973 郷 正士・池田裕行 acacia mollissima林の落葉枝量 21回日林中支講 205-208
1973 郷 正士・池田裕行 フサアカシア苗と炭そ病 22回日林中支講 62-65
1974 郷 正士・池田裕行 acacia mearnsiiとa. dealbataの苗の活着と生長 85回日林講 149-151
1974 郷 正士・高橋久恵 2,3acacia属の種間交雑ダネの重さ 85回日林講 175-177
1974 樹芸研究所 樹芸研究所導入植物目録(1973) 演習林(東大) 18 103-119
1975 樋口広芳 伊豆半島南部のヤマガラと伊豆諸島三宅島のヤマガラの採食習性に関する比較研究 24(97,98) 15-28
1975 樋口広芳 ヤマガラparus varius temminck & schlegalの生態および形態に関する地理的変異 東大・農・博論
1976 goo,m germination of broad-leaved tree and shrub seeds in izu area proc. 2nd internatl. symp. iufro s2,01,06 81-87
1976 郷 正士・池田裕行・高野三江 acacia mearnsii de willd.林の本数管理 24回日林中支講 211-215
1976 樋口広芳 森に生きる鳥-ヤマガラのくらし-自然科学シリーズ21 小峰書店(東京) 75pp
1976 樋口広芳 ヤマガラの生活-鳥の生活の一例-鳥学講座5 野鳥 41(1) 24-31
1976 higuchi,h comparative study on the breeding of mainland and island subspecies of the varied tit,parus varius 25(99) 11-20
1976 池田裕行・郷 正士 各地産マツの幼令期の生長-予報- 24回日林中支講 206-210
1977 郷 正士 シマトネリコの種子の発芽 25回日林中支講 122-124
1977 池田裕行・郷 正士・高野三江 acacia mearnsii林の落葉枝量(U)特に種子関係を中心として 25回日林中支講 273-277
1978 池田裕行・郷 正士・鈴木一郎 スギのサシキすえ置き苗の着花 26回日林中支講 48-50
1978 渡辺資仲 クスノキ苗期の植付けに関する研究 私版(千葉) 137pp
1979 郷 正士・石川和泉・池田裕行 acacia mearnsii de willd.の種子の寿命(T)採種後17年まで 日林誌 61(2) 53-57
1979 池田裕行・加藤咲夫・郷 正士 モリシマとヒノキ混植林でモリシマ伐採後9年目の侵入樹種の状態-材積- 27回日林中支講 31-32
1979 加藤咲夫・池田裕行・郷 正士 モリシマ混植の15年生ヒノキ林の生長 27回日林中支講 33-34
1979 saejima,m and yoshimoto,t procyanidins from the inner bark of sugi(cryptomeria japonica d.don) 木材誌 25(10) 671-677
1979 鈴木三男 裸子植物の形態と進化-針葉樹にみられる樹脂走向パターンの進化- 遺伝 33(6) 25-30
1979 山岡寛人 南伊豆の樹上営巣性アリ類 清澄(房総の自然研究会) 7 27-30
1980 郷 正士・池田裕行 寒帯産広葉樹の種子の発芽に関する研究 文部省科研 一般c(356102) 11pp
1980 郷 正士・加藤咲夫 ナンキンハゼの種子の発芽 91回日林論 277-278
1980 池田裕行・郷 正士 アオサンゴの時期別さし木(予報) 28回日林中支講 67-68
1980 池田裕行・加藤咲夫・郷 正士 モリシマとヒノキ混植林でモリシマ伐採後9年目の状態-重量,照度,樹高生長- 28回日林中支講 109-110
1980 池田裕行・加藤咲夫・郷 正士 モリシマとヒノキ混植林でモリシマ伐採後9年目の状態-樹種,本数,うっぺい率- 28回日林中支講 111-112
1980 加藤咲夫・池田裕行・郷 正士 メタセコイアの生長 28回日林中支講 155-157
1980 加藤咲夫・池田裕行・郷 正士 コウヨウザンの生長 28回日林中支講 159-160
1980 増子恵一 南伊豆の土壌営巣性アリ類について 清澄(房総の自然研究会) 8 18-20
1980 中島 健・善本知孝・福住俊郎 スギ材中のシイタケ菌阻害成分 木材誌 26(10) 698-702
1981 池田裕行・郷 正士・大野正哉・高野三江 各地産マツ19年生の生長 29回日林中支講 99-100
1981 加藤咲夫・郷 正士 温帯産広葉樹種子の発芽(T) 29回日林中支講 101-104
1982 ishii,k.,fukuzumi,t. and yoshimoto,t. the extractives of tissue culture cells of eucalyptus dives. 木材誌 28(6) 388-392
1982 石井克明・福住俊郎・善本知孝 eucalyptus dumosaの懸濁培養物の抽出成分 日林誌 64(7) 285-287
1983 郷 正士・佐々木忠兵衛 数種サクラ属種子の発芽 94回日林論 297-298
1983 池田裕行・加藤咲夫・郷 正士 アオサンゴの時期別さし木 31回日林中支講 157-160
1983 ishii,k., yoshimoto,t. and fukuzumi,t. the extractives of tissue culture cells of eucalyptus radiata sieb. var. australiana 木材誌 29(2) 171-174
1983 石井 清 南伊豆の多足類(第1報) 清澄(房総の自然研究会) 10 43-48
1983 八木和弘・池田裕行・郷 正士 ユウカリ・ラジアータの生長と生産量 31回日林講 85-86
1984 郷 正士・加藤咲夫・池田裕行・八木和弘 アオサンゴの栽培 東大演報 73 129-138
1984 郷 正士 アカシア属の雑種の葉の特徴 東大演報 73 115-128
1984 寺田珠実 カリッサ培養細胞の抽出成分 東大・農・卒論
1984 内田憲孝 eucalyptus polybractea培養細胞のフェノール性成分 東大・農・卒論
1985 池田裕行・加藤咲夫 ユウカリ属の幼令期の生長と寒害(予報) 33回日林中支講 115-118
1985 東大演習林 樹芸研究所気象報告(自昭和48年 至昭和57年) 演習林(東大) 24 285-333
1985 山崎三郎・山根明臣・小林富士雄ほか スギ・ヒノキ穿孔性害虫によるスギ品種別被害実態-東京大学樹芸研究所スギ品種別植栽試験林の実態- 96回日林論 515-516
1986 寺田珠実 eucalyptus polybractea培養細胞におけるpal活性の挙動に関する研究 東大・農・修論
1986 内田憲孝 eucalyptus polybractea培養細胞におけるpal活性の挙動に関する研究おけるフェノール性成分の生合成 東大・農・修論
1986 yamaguchi,t.,fukuzumi,t. and yoshimoto,t. phenolics of tissue cultures from eucalyptus spp. T. analysis of phenolics in callus of eucalyptus robusta 木材誌 32(3) 203-208
1986 yamaguchi,t.,fukuzumi,t. and yoshimoto,t. phenolics of tissue cultures from eucalyptus spp. U. effect of phytohormons on phenolic accumulations in callus of eucalyptus robusta 木材誌 32(3) 209-212
1986 yamaguchi,t.,fukuzumi,t. and yoshimoto,t. phenolics of tissue cultures from eucalyptus spp. V. the influence of inorganic elements and sucrose on the growth,phenolic accumulation, and composition of e. polybractea suspension cultures 木材誌 32(5) 366-372
1987 池田裕行・大野正哉・鈴木一郎・若林義男 acacia mearnsiiの本数密度別樹皮収量 35回日林中支論 73-76
1987 池田裕行・若林義男・大野正哉・渡邉良広 ユーカリ属の幼齢期における伐採時期別の萌芽(予報) 35回日林中支論 243-246
1987 勝山智祐 eucalyptus polybractea培養細胞における加水分解型タンニン生成に及ぼす糖の影響 東大・農・卒論
1987 東大演習林 樹芸研究所気象報告(自昭和58年 至昭和60年) 演習林(東大) 25 121-133
1988 大野正哉 特用樹種としてのアカシア属の造林について 昭和62年度試験研究会議報告(東大演) 50-56
1988 山田 喬 ヘマトキシリンに関する覚書補遺(続々) 日本臨床細胞学会雑誌 27(4) 447-448
1988 金指達郎・横山敏孝・勝田 柾 刺針処理によってスギ内樹皮に形成された傷害樹脂道の横断面長の品種間差 99回日林論 227-228
1988 moroto,k. and haruta,y. materials for promoting reforestation of denuded forest land in seto district proceeding japan and new zealand symposium on forestry management planning oct. 130-136
1988 諸戸清一 花崗岩地域における地形・水文・土壌特性と災害 東京大学農学部附属愛知演習林
1989 諸戸清一 カインガロア・アッシュレイの森林 林業統計研究会誌 no.14 214-215
1989 諸戸清一・原 孝秀・渡部 賢・野口晴彦 花崗岩地帯の森林土壌と透水特性について-猿投山山麓と瀬戸小牧丘陵での一例- 陸水物理研究会
1989 渡邉良広 樹芸研究所の温室植物とその管理 昭和63年度試験研究会議報告(東大演) 45-51
1989 野口晴彦・諸戸清一・真下育久・内村雅一 小流域の林地における水の動態に関する研究(]Z)-丘陵地の地形特性と谷地田との関係- 100回日林論 193-194
1990 寺嶋智巳・諸戸清一 花崗岩山地小流域における水流発生機構 地形 11(2) 75-96
1990 池田裕行・大野正哉・鈴木一郎・諸戸清一 ユーカリ属の現地適応試験-導入後5年まで- 38回日林中支論 81-84
1990 野口晴彦・諸戸清一 谷頭部における土層の構造と透水性について-愛岐丘陵での例- 日本地下水学会 1990年度春期講演会集 10-13
1990 諸戸清一 瀬戸地方瘠悪林地の森林造成に関する研究(T)-母材による土壌のちがいとアカマツの生長- 演習林(東大) 27 1-45
1990 諸戸清一 瀬戸地方瘠悪林地の森林造成に関する研究(U)-瘠悪林地における森林造成- 演習林(東大) 27 47-78
1991 東大演習林 東京大学演習林気象月報集(自1989年1月 至1989年12月) 演習林(東大) 28 57-64
1991 鈴木一郎・鈴木一夫 樹芸研究所の育林関係のあゆみ 平成2年度試験研究会議報告(東大演) 57-64
1991 諸戸清一・池田裕行・野口晴彦・道原 裕 南伊豆地方のクスノキ林の土壌の性質と成長(T)-土壌の理学性との関係- 102回日林論 347-350
1991 池田裕行・諸戸清一・大野正哉・村上 章・和田仁志・村上邦睦・渡部勝美 伊豆半島南部におけるユーカリ属の成長経過とパルプ適性試験 102回日林論 557-558
1991 道原 裕 南伊豆地方のクスノキ林の土壌と植生に関する基礎的研究 東京農工大・農・卒論
1991 斉木健一 雌性球果の形態によるスギ科の分岐分類学的研究 東大・理・大学院・博論
東京大学農学部附属演習林樹芸研究所概要
1992 阿久津敦 南伊豆地方のクスノキ林の空間構造に関する基礎的研究 東京農工大・農・卒論
1992 東大演習林 森林科学の森-東京大学演習林- 東京大学農学部附属演習林 46pp
1992 東大演習林 東京大学演習林気象報告(自1985年 至1989年) 演習林(東大) 29 141-204
1992 東大演習林 東京大学演習林気象報告(自1990年1月 至1990年12月) 演習林(東大) 29 205-333
1992 諸戸清一・池田裕行 あの山はどうなった-15 外国産広葉樹の造林-アカシア属の造林について- 林業技術 604 29-31
1992 ken'ichi saiki a new sciadopityaceous seed cone from the upper cretaceous of hokkaido,japan american journal of botany 79(9) 989-995
1992 池田裕行・諸戸清一・村上 章・和田仁志・村上邦睦 伊豆半島におけるユーカリ属の成長経過とパルプ適性(U)-30年生のe.globulus,e.robustaについて- 103回日林論 291-294
1992 池田裕行・諸戸清一・春田泰次・野口晴彦・阿久津敦 伊豆半島南部における80年生クスノキ林の林分構造 103回日林論 351-354
1993 齊藤直人 熱帯産アカシア2種の硫酸酸性土壌条件下における成長 東大・農・修論
1993 樹芸研究所 樹芸研究所 第2期 試験研究計画(自 平成4年度 至 平成13年度) 演習林(東大) 30 85-111
1993 東大演習林 東京大学演習林気象報告(自1991年1月 至1991年12月) 演習林(東大) 30 248-261
1994 池田裕行・諸戸清一・渡邉良広・太刀川寛・村上邦睦 ユーカリ属の根系(T)-eucalyptus bicostataの成長経過と根系- 42回日林中支論 149-152
1994 渡邉良広 組織培養によるacacia auriculiformisの増殖 平成5年度試験研究会議報告(東大演) 45-52
1994 大沢裕樹 mn・al過剰条件に対する熱帯産アカシア属2種の反応 東大・農・卒論
1994 東大演習林 東京大学演習林気象報告(自1992年1月 至1992年12月) 演習林(東大) 146-159
1994 樹芸研究所 演習林(東大) 32 129-141
1994 井出雄二・渡邉良広・池田裕行 無菌的に発芽させたacacia auriculiformisの芽生えの組織培養 日林誌 76(6) 576-583
1994 池田裕行・諸戸清一・太刀川寛・村上邦睦 ユーカリ属の根系(U)-植栽方法のちがいによる根系の発達と幹の状態について- 日林論 105 275-278
1994 渡邉良広・井出雄二・池田裕行 温室内で育成したacacia auriculiformis一年生苗のえき芽の培養による植物体再生 東大演報 92 29-35
1994 y.ide,y.saito,j.m.kang,k.kojima,s.sasaki tissue culture for the study of plant responses to environmental stresses
1994 yuji ide,yoshihiro watanabe,yoko saito,katsumi kojima and satohiko sasaki establishment of tissue and cell culture system of tropical acacia species for acid-resistant clones proceedings of the international workshop of bio-refor,yogyakarta,1993 149-153
1995 sukartiningsih,kentaro nakamura,ryo soda,katsumi kojima,yuji ide and satohiko sasaki effects of saccharides on the growth of callus and shoot cultures of dipterocarp species proceedings of the international workshop,bio-refor,kangar,malaysia,1994 107-110
1995 yoko saito,katsumi kojima,yuji ide and satohiko sasaki response of suspension cultured cells of acacia mangium to excess manganese and low ph proceedings of the international workshop,bio-refor,kangar,malaysia,1994 203-207
1995 lu-min vaario,ryo soda and yuji ide in vitro plantlet regeneration of shorea roxburghii g.don. from axillary buds of germinated seedlings 日林誌 77(3) 263-265
1995 sukartiningsih,yuji ide,yoko saito,katsumi kojima,and satohiko sasaki effects of saccharides on callus culture of shorea roxburghii g.don 日林論 106 411-414
1995 池田裕行・村瀬一隆・井出雄二 被陰下におけるクスノキ種子の発芽と芽生えの成長 43回日林中支論 87-90
1995 東大演習林 東京大学演習林気象報告(自1993年1月 至1993年12月) 演習林(東大) 33 220-233
1995 村瀬一隆・鈴木一郎 樹芸研究所森林管理データベースの構築 平成6年度技術官等試験研究・研修会議報告(東大演) 63-69
1996 辻 和明・渡邉良広・村瀬一隆 eucalyptus globulus及びeucalyptus smithiiの実生苗の成長に及ぼす施肥効果 平成7年度技術官等試験研究・研修会議報告(東大演) 21-24
1996 スカルティニンシー フタバガキ科樹木のクローン増殖 東大・農・修論
1996 渡邉良広・齊藤陽子・井出雄二・池田裕行 acacia mangiumのカルス培養における培地条件の検討 44回日林中支論 81-84
1996 藤原滉一郎 森林地域における酸性雨等地球環境モニタリング体制の確立 平成5〜7年度科研費補助金 試験研究(a)研究成果報告書 U観察結果 15
1996 東大演習林 東京大学演習林気象報告(自1994年1月 至1994年12月) 演習林(東大) 34 300-313
1996 佐藤 卓 1995年全国ブナ結実状況 富山の生物 35 45-48
1996 norihisa matsushita,kenji fukuda,eiji nagasawa,takakiyo terashita,and kazuo suzuki armillaria species in japan identified by isozyme patterns with special reference to the biological species of the northern hemisphere j.for.res. 1(3) 155-160
1996 渡邉良広・村瀬一隆・辻 和明 acacia auriculiformisのカルスからの植物体再分化条件の検討 平成8年度技術官等試験研究・研修会議報告(東大演) 3-7
1996 池田裕行・松下範久・渡邉良広・辻 和明 クスノキ林のギャップにおける落下種子数と埋土種子数および発芽稚樹の状態 中部森林研究 45 131-134
1996 逢坂興宏・浅野良子 丘陵地谷頭部斜面における飽和帯形成に及ぼす降雨条件 中部森林研究 45 241-244
1996 蟹江志保 南伊豆町におけるエコミュージアムの展開 東京大学・工・卒論
1996 池田裕行・村瀬一隆 acacia mearnsii de wild.の種子の寿命(U) 107回日林講要旨 121
1996 松下範久・福田健二・鈴木和夫 ならたけ病被害林分におけるナラタケ属3種の生態 107回日林講要旨 208
1997 東大演習林 東京大学演習林気象報告(自1995年1月 至1995年12月) 演習林(東大) 35 232-245
1997 midori matsumoto,takeshi asakawa ohsawa,makoto nishida,and harufumi nishida glyptosyrobus rubenosawaensis sp.nov.,a new permineralized conifer species from the middle miocene,central hokkaido,japan paleontological research 1(2) 81-99
1997 東大演習林 東京大学演習林気象報告(自1996年1月 至1996年12月) 演習林(東大) 37 190-203
1997 湯 定欽 ヒノキ人工林造成過程における遺伝的多様性の変動 東大・農・修論
1997 池田裕行・西山教雄・千島 茂・大橋邦夫・井出雄二 東京大学富士演習林ブナ植栽試験地の成長経過 東大演報 97 1-9
1998 浅野良子・渡邉良広・村瀬一隆・辻 和明 産地の異なるブナのフェノロジー,形質および光合成特性の比較 平成9年度技術官等試験研究・研修会議報告 18-28
1998 山野邉太郎 オーストラリア産アカシアのストレス反応と組織培養 東大・農・修論
1998 hideaki ohba and sadamoto watanabe a new species of adenophora(campanulaceae)from japan 植物研究雑誌 73 80-83
1998 辻 和明・池田裕行・渡邉良広・村瀬一隆・井出雄二 eucalyptus globulus及びeucalyptus smithiiの実生苗の成長に及ぼす施肥効果 中部森林研究 46 97-100
1998 y.ota,n.matsushita,e.nagasawa,t.terashita,k.fukuda and k.suzuki biological species of armillaria in japan plant disease may 1998 537-543
1998 湯 定欽・池田裕行・渡邉良広・村瀬一隆・井出雄二 異なる繁殖方法により造成されたヒノキ人工林分の遺伝的多様性 東大演報 99 125-132
1998 村瀬一隆・辻 和明・辻 良子・渡邉良広 クスノキ稚樹の被陰条件下における成長と葉の形態的変化 平成10年度技術官等試験研究・研修会議報告 66-73
1999 樹芸研究所 東京大学農学部附属演習林樹芸研究所青野試験林の植物 演習林(東大) 38 73-125
1999 東大演習林 東京大学演習林気象報告(自1997年1月 至1997年12月) 演習林(東大) 38 254-267
1999 スカルティニンシー 熱帯樹木バイオテクノロジー研究のためのモデルシステムの構築 東大・農・博論
1999 波羅 仁 地下部の温度低下がスギの水分生理に与える影響 東大・農・修論 
1999 小林智夫 メタセコイアの縦溝形成要因 東大・農・卒論
1999 松下範久・加計康晴・菊池研介・鈴木和夫 アカマツ天然林における林内施業と外生菌根菌との関係 110回日林学術講 349
1999 西谷裕子・鈴木和夫 植栽桝の大きさと樹木苗木の生理状態 110回日林学術講 40-41
1999 井出雄二・湯 定欽 ヒノキ育苗過程におけるrapd's多様性の変動 110回日林学術講 832-833
1999 辻 和明・渡邉良広・村瀬一隆・辻 良子 暖帯林長期生態系プロットの設定プロセス 平成11年度技術官等試験研究・研修会議報告 3-12
1999 西谷裕子・鈴木和夫 異なる面積の植栽桝に植栽したクスノキ苗木の生理状態 樹木医学研究会第3回大会講演要旨集 26
2000 辻 和明・渡邉良広・村瀬一隆・辻 良子 暖帯林長期生態系プロットの設定プロセス 平成11年度技術官等試験研究・研修会議報告 3-12
2000 池田裕行・土屋福江・村瀬一隆・井出雄二 クスノキ人工林における落下種子数の年次変化と母樹サイズ 中部森林研究 48 41-44
2000 辻 和明・松下範久・井出雄二 銅鉱山ずり捨て場に植栽されたアカシア属樹木より分離した根粒菌の性質 中部森林研究 48 63-65
2000 湯 定欽 分子分析によるヒノキ人工林の遺伝的多様性及び遺伝構造の解析 東大・農・博論
2000 松下範久 樹芸研究所長期生態系プロットの設定と林分構造、長期生態系プロットによる森林生態系の解明 平成10〜平成11年度科研費補助金(基盤研究(b)(2))研究成果報告書 103-123
2000 梶幹男・八木久義・山本博一・井出雄二・大橋邦夫・芝野博文・仁多見俊夫・蒲谷肇・石田健・木佐貫博光・藤原章雄・松下範久 長期生態系プロットによる森林生態系の解明 平成10〜平成11年度科研費補助金(基盤研究(b)(2))研究成果報告書 1-140
2000 邵 順流 コウヨウザンの遺伝育種に関する研究-着花促進及び遺伝的多様性- 東大・農・修論 1-90
2000 池田裕行・渡邉良広・井出雄二 ギャップにおけるクスノキ天然更新稚樹の成長経過 日林学術講 111 199-200
2000 東大演習林 東京大学演習林気象報告(自1998年1月至1998年12月) 演習林(東大) 39 59-186
2000 倉本宣・辻永和容・齊藤陽子 多摩川におけるカワラサイコとヒロハノカワラサイコの分布と発芽の特性について 日本緑化工学会誌 25(4) 385-390
2001 池田裕行・辻 和明・松下範久・山本博一・井出雄二 伊豆半島南部における二次林の林分構造と種の多様性 中部森林研究 49 11-14
2001 渡邉良広・村瀬一隆・辻 和明・辻 良子・萩野恵美子 小型簡易炭窯による竹炭製作とその利用 平成12年度技術官等試験研究・研修会議報告 37-45
2001 東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林 東京大学演習林気象報告(自1999年1月至1999年12月) 演習林(東大) 40 29-156
2002 井出雄二・寶月岱三・佐倉詔夫・鈴木誠・池田裕行・松下範久・前原忠・齊藤陽子・阿達康眞・大塚明宏・里見重成・鈴木祐紀・村川功雄・福岡哲・辻和明・辻良子・渡邉良広・村瀬一隆・土屋福江・益守眞也 暖帯林における生物の種及び遺伝的多様性の総合的評価 平成11年度〜13年度 科学研究費補助金(基盤研究(B)(2))研究成果報告 研究課題番号11460064 119pp
2002 辻良子・渡邉良広・辻和明・村瀬一隆 樹芸研究所の温室の環境−気温の変動について− 平成13年度技術官等試験研究・研修会議報告 29-33
2002 辻和明・渡邉良広・村瀬一隆・池田裕行・井出雄二・佐倉詔夫・齊藤陽子・辻良子 伊豆半島南部におけるスギ人工林への希少種ナチシダの侵入状況 中部森林研究 50 227-228
2002 y.saito, s.shiraishi, t.tanimoto, l.yin, s.watanabe and y.ide genetic diversity of populus euphratica populations in northewestern china determined by rapd dna analysis new forests 23(2) 97-103
2002 sukartiningsih, y.saito and y.ide axillary bud encapsulation of gmelina arborea and peronem canescens proceedings of the international workshop, bio-refor, tokyo, japan 128-136
2002 池田裕行・益守眞也・辻和明・村瀬一隆・大野正哉・佐倉詔夫・丹下健・井出雄二 暖帯広葉樹林の伐採地に定着する樹種と,異なる光条件下でのそれらの成長特性 日林学術講 113 249
2002 益守眞也・池田裕行・辻和明・村瀬一隆・佐倉詔夫・丹下健・井出雄二 クスノキの芽生えと成長に関わる条件 日林学術講 113 248
2002 sukarutiningsih,yoko saito and yuji ide in vitro plantlet regeneration of paraserianthes falcataria(l.) nielsen bulletin of the tokyo university forests 107 21-28
2002 yoko saito,koji fujihara,masanori suzuki, shigenari satomi,satoshi fukuoka,michio saiki,manabu yonemichi,kae takatoku and yuji ide the changes of genetic characteristics with the progressing process of the populations of abies firma. proceedings of the 11th international workshop of bio-refor,seoul,korea 204-208
2002 岩浅有記・石橋整司・佐倉詔夫・辻和明 暖温帯下部二次林(旧薪炭林)における実生のサイズ分布と種組成 日林関東支論 54 77-80
2002 池田裕行・辻和明・佐倉詔夫・益守眞也・丹下健・井出雄二 暖帯広葉樹8種の被陰条件下における発芽と芽生えの消長 日林関東支論 54 167-170
2002 yoko saito,yasumasa adachi,masanori suzuki,isamu karakama, haeuo sawada and yuji ide development of allozyme markers in abies firma bulletin of the tokyo university forests 108 47-56
2002 東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林 東京大学演習林気象報告(自2000年1月至2000年12月) 演習林(東大) 41 123-250
2003 村瀬一隆・渡邉良広・辻和明・辻良子・荒木田善隆 樹芸研究所青野研究林における林相別鳥類相(繁殖期) 平成14年度技術官等試験研究・研修会議報告 35-38
2003 岩浅有記・石橋整司・佐倉詔夫・辻和明 暖温帯下部二次林(旧薪炭林)における林分構造と成長 日林学術講 114 406
2003 伊藤浩二 荒川氾濫原における土壌シードバンクの分布特性と水散布の影響 東大農学生命科学研究科生圏システム学専攻修論
2003 岩浅有記 暖温帯下部二次林(旧薪炭林)における林分構造と成長 東大農学生命科学研究科生圏システム学専攻修論
2003 辻良子・齊藤陽子・佐倉詔夫・渡邉良広・辻和明・村瀬一隆 フタバガキ科樹木hopea odrataの挿し木増殖方法の検討−国内の屋外における簡易挿し木ボックスでの実験− 中部森林研究 51 55-56
2003 三上裕加・佐倉詔夫・齊藤陽子・村瀬一隆・渡邉良広 伊豆半島南部北側斜面における広葉樹二次林の群落構造と林床植物の種多様性 中部森林研究 51 245-248
2003 辻和明・佐倉詔夫・齊藤陽子・渡邉良広・村瀬一隆・辻良子・池田裕行・松下範久・井出雄二 伊豆半島南部の広葉樹二次林における木本種群落の構造と種の多様性 中部森林研究 51 249-252
2003 農学生命科学研究科附属演習林 樹芸研究所 樹芸研究所第3期試験研究計画(自平成14年度至平成23年度) 演習林(東大) 42 71-108
2003 東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林 東京大学演習林気象報告(自2001年1月至2001年12月) 演習林(東大) 42 209-231
2003 伊東浩二・加藤和弘・高橋俊守・石坂健彦・藤原宣夫 河川氾濫原における土壌シードバンクの分布特性と水流の影響 日本造林学会誌 66(5) 591-594
2004 辻和明・渡邉良広・村瀬一隆・辻良子 樹芸研究所の温室及び森林の管理業務に関する現状と課題 平成15年度技術官等試験研究・研修会議報告 26-33
2004 池田裕行・益守眞也・辻和明・佐倉詔夫・丹下健・井出雄二 伊豆半島南部の広葉樹二次林におけるシイ類落下種子の動態 日林学術講 115 129
2004 三上裕加 南伊豆地方の広葉樹二次林(旧薪炭林)における林分構造と林床植物の種多様性 東大修論 42pp.
2004 山本清龍・辻良子・齊藤陽子・渡邉良広・村瀬一隆・辻和明 森林教室開催前後の参加者の期待と満足について 日林関東支論 55 25-28
2004 christpher j.williams,ben a.lepage,david r.vann,takeshi tange,hiroyuki ikeda,makoto ando,tomoko kusakabe,hayato tsuzuki,tatsuo sweda structure,allometry,and biomass of plantation metasequoia glyptostroboides in japan forest ecology and management 180 287-301
2004 東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林 東京大学演習林気象報告(自2002年1月至2002年12月) 演習林(東大) 43 259-281
2004 三上裕加・村瀬一隆・渡邉良広・佐倉詔夫 伊豆半島南部の広葉樹二次林における林床植物の種多様性と光環境 中部森林研究 52 77-78
2004 石井真樹子 静岡県南伊豆町暗沢山一帯におけるフクロウの生息密度分布と環境選択 東京農工大学農学部卒業論文 29pp
2004 住吉綾 青野研究林における異なる三流域降雨流出過程の特徴 東京農工大学農学部卒業論文
2004 高上馬希重・村中俊哉・吉田茂男・飯田修・関田節子・佐竹元吉・牧野由紀子 大麻cannabis sativa l.におけるcannabinoid生合成遺伝子の解析 学会誌「dna多型」 12 60-63
2004 yoshimatsu k., iida o., kitazawa t., sekine t., kojoma m., kiuchi f. growth characteristics of cannabis sativa l. cultivated in a phytotron and a field kokuritsu iyakuhin shokuhin eisei kenkyusho hokoku 122 16-20
2004 kojoma, m., ohyama, k., seki, h., yoshida, s. and muranaka, t. establishment of a new in vitro system of licorice (glycyrrhiza uralensis). journal of plant research 117 supplement 86
2004 池田裕行 暖帯常緑広葉樹林の持続的維持に関する繁殖生態学的研究 科研(基盤(c)(2))研究成果報告書 140pp
2005 渡邉良広・辻和明・村瀬一隆・辻良子 暖温帯林長期生態系プロット5年間の動態について 平成16年度技術職員等試験研究・研修会議報告 1-4
2005 村瀬一隆・才木道雄・荒木田善隆 巣箱設置によるヤマガラとシジュウカラの繁殖生態(T)−設置初年の利用状況- 平成16年度技術職員等試験研究・研修会議報告 65-69
2005 東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林 東京大学演習林気象報告(自2002年1月至2002年12月)【修正版】 演習林(東大) 44 277-300
2005 東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林 東京大学演習林気象報告(自2003年1月至2003年12月) 演習林(東大) 44 301-323
2005 住吉綾・白石克繁・蔵冶光一郎・齊藤陽子・渡邉良広・辻和明 流出モデルパラメーターと地形・地質・流域スケールの関連について 日林学術講 116 3c15
2005 稲葉尚子・村瀬一隆・渡邉良広・竹中千里 銅汚染土壌に植栽したスギ苗木の生育における土壌改良資材の効果 日林学術講 116 pb132
2005 稲葉尚子・村瀬一隆・渡邉良広・竹中千里 銅ズリ鉱堆積物に植栽したスギ苗木の生育における土壌改良資材の効果 日本土壌肥料学会講演要旨集 51 177
2005 池田裕行・益守眞也・辻和明・丹下健・井出雄二 伊豆半島南部の広葉樹二次林における林床稚樹群の動態 日林関東支論 56 101-104
2005 山本清龍・辻良子・渡邉良広・村瀬一隆・辻和明 森林教室参加者が重視する解説および体験の要素 日林関東支論 56 169-172
2005 大山清・關光・高上馬希重・柴田敏郎・巽次郎・吉田茂男・斉藤和季・村中俊哉 カンゾウ(glycyrrhiza uralensis )のメタボリックプロファイリングおよびグリチ ルリチン生合成関連遺伝子の同定に向けて 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム要旨集 23 174
2005 高上馬希重・關光・吉田茂男・村中俊哉 大麻cannbis sativa l.のcannabinoid生合成酵素遺伝子における多型解析 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム要旨集 23 176
2005 大山清・關光・高上馬希重・柴田敏郎・巽次郎・吉田茂男・斉藤和季・村中俊哉 カンゾウ(glycyrrhiza uralensis )におけるグリチルリチン生合成中間体および生合成関連遺伝子の探索 日本植物化学調節学会大会講演要旨集 40 45
2005 高上馬希重・關光・吉田茂男・村中俊哉 大麻cannbis sativa l.の「ドラッグタイプ」と「ファイバータイプ」におけるthca生合成酵素遺伝子の多型解析 日本dna多型学会学術集会抄録集 14 38
2005 mareshige kojoma, hikaru seki, shigeo yoshida, toshiya muranaka dna polymorphisms in the tetrahydrocannabinolic acid (thca) synthase gene in "drug-type" and "fiber-type" cannabis sativa l.  forensic science international in press
2005 mareshige kojoma, hikaru seki, shigeo yoshida, toshiya muranaka study of dna polymorphisms of cannabinoid synthase gene cannabis sativa l. journal of plant research 118 supplement 110
2005 高上馬希重・關光・吉田茂男・村中俊哉 大麻cannbis sativa l.のcannabinoid生合成酵素遺伝子における多型解析 日本育種学会第107・108回講演会要旨集 7 313
2005 高上馬希重・關光・吉田茂男・村中俊哉 大麻cannbis sativa l.のcannabinoid生合成酵素遺伝子における多型解析 日本植物学会研究発表記録 69 253
2005 高上馬希重・關光・吉田茂男・村中俊哉 大麻cannbis sativa l.の「ドラッグタイプ」と「ファイバータイプ」におけるthca生合成酵素遺伝子の多型解析 日本生薬学会年会講演要旨集 52 53
2005 shigehiro kamoda,tamami terada,and yoshimasa saburi production of heterogeneous dimer lignostilbenedioxygenase Ufrom lsda and lsdb in escherichia coli cells biosci. biotechnol. biochm. 69(3) 635-637
2005 伊藤昭一 天然分布以北である西表島でのフタバガキ科樹木の成長と挿し木苗の低温適応反応 東大修論
2006 住吉綾 山地小流域における流域特性と地形の関わり 東京農工大修論 39pp
2006 村瀬一隆・渡邉良広・辻和明・遠藤いず貴 樹芸研究所青野研究林における林相別鳥類相(繁殖期)U 平成17年度技術職員等試験研究・研修会議報告 9-12
2006 東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林 東京大学演習林気象報告(自2004年1月至2004年12月) 演習林(東大) 45 271-295
2006 浅野友子・渡辺良広・辻 和明・遠藤いず貴 樹芸研究所青野研究林における簡易貫入試験を用いた土壌層位の把握 演習林(東大) 45 219-233
2006 井上広喜・兼行民治郎・寺田珠実・鴨田重裕 イチョウ細胞培養系におけるステロールと細胞増殖 東大演報 116 253-265
2006 浅野友子・渡邉良広・辻和明・遠藤いず貴 伊豆半島南部の山地斜面における二次林成立に地中の水分分布が及ぼす影響-斜面における土壌,地下水位,土壌水分の観察結果 日林学術講 117 pg35
2006 梶浦雅子・渡邉良広・益守眞也 土壌水分量の変化に伴う土壌の撥水性の変動 日林学術講 117 g07
2006 高上馬希重・關光・吉田茂男・村中俊 大麻の「ドラッグタイプ」と「ファイバータイプ」におけるthca生合成酵素遺伝子の多型検出 学会誌「dna多型」 14 123-129
2006 高上馬希重 conservation studies of swertia noguchiana hatusima (gentianaceae) journal of plant research 119 61
2006 高上馬希重・他 development of an in vitro stolon system of licorice (glycyrrhiza uralensis ) proceeding of the 11th international association for plant tissue culture and biotechnology congress 139
2006 浅野友子・渡邉良広・辻和明・遠藤いず貴 伊豆半島南部の山地斜面における二次林の成立に地中の水分分布が及ぼす影響−斜面における土壌、地下水位、土壌水分の観測結果− 日林学術講 117 pg35
2006 会沢栄志・寺田珠実・鮫島正浩・鴨田重裕 イチョウの雌雄早期判別法について 第 24 回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム 153
2006 kojoma, m., seki,h., yoshida, s. and muranaka, t. dna polymorphisms in the tetrahydrocannabinolic acid (thca) synthase gene in "drug-type" and "fiber-type" cannabis sativa l. forensic science international 132-140
2007 村瀬一隆・渡邉良広・辻和明・辻良子・鴨田重裕・荒木田善隆 南伊豆地方におけるシジュウカラ科の巣箱利用 中部森林研究 55 47-48
2007 辻 和明・渡邉良広・村瀬一隆・辻良子(樹芸研究所) 青野研究林におけるアオキを指標としたニホンジカの分布 平成18年度技術職員等試験研究・研修会議報告 40-43
2007 東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林 東京大学演習林気象報告(自2005年1月至2005年12月) 演習林(東大) 46 371-394
2007 inoue, h., kamoda, s., terada, t., hamamoto, h. and saburi, y. menadione-induced cell death in ginkgo biloba cell cultures bulletin of the tokyo university forests 118 25-43
2007 五名美江・蔵治光一郎・春田泰次・鴨田重裕・小田智基・堀田紀文・鈴木誠・木村徳志・五十嵐勇治・大村和也・渡邉良広 東京大学5演習林8試験地流域における渓流水質の特性 東大演報 118 65-83
2007 鴨田重裕・小川瞳・ 寺田珠実 エゾマツなどが産生する天然アセトフェノンによる暗色雪腐病の防除 日林学術講 118 b25
2007 池田裕行・益守眞也・丹下健・井出雄二・佐倉詔夫・鴨田重裕・辻和明・渡邉良弘・村瀬一隆 伊豆半島南部のシイ林における稚樹の発生と消長 日林学術講 118 k12
2007 中村麻祐子・鴨田重裕・梶幹男 都市林と里山林におけるアオキの生育 日林学術講 118 p1e10
2007 五名美江・蔵治光一郎・春田泰次・ 鴨田重裕・小田智基・ 堀田紀文・鈴木誠・ 木村徳志・五十嵐勇治・大村和也・渡邉良広 東京大学5演習林8試験地流域における渓流水質の特性 日林学術講 118 p3e31
2008 辻良子・渡邉良広・村瀬一隆・辻和明 温室全面自動灌水化予備試験の報告と温室管理の変遷 平成19年度技術職員等試験研究・研修会議報告 50-55
2008 東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林 東京大学演習林気象報告(自2006年1月至2006年12月) 演習林(東大) 47 83-105
2008 中村麻祐子 南伊豆地方暖温帯下部二次林における林床の光環境とアオキの繁殖様式 東京大学修士論文 1-62
2008 江取良枝 多雨地域の乾性褐色森林土の水分状態の季節変化と撥水性の関与 東京大学修士論文 1-52
2008 池田信輔 野外に生育するツバキ科8種の地上部におけるアルミニウム集積特性 東京大学卒業論文 1-40
2008 寺田珠実・兼行民治郎・井上広喜・鴨田重裕 イチョウ組織培養系におけるステロールと細胞増殖(2)−メバロン酸代謝物の影響− 東大演報 119 45-57
2008 会沢栄志・石野貴久・寺田珠実・鮫島正浩・井上広喜・鴨田重裕 イチョウにおける雌雄早期判別法を探る(2) 日本木材学会大会
2009 山本清龍・鴨田重裕・渡邉良広・村瀬一隆・辻良子 小中学生の保護者の環境認識と森林体験への志向に関する研究 関東森林研究 60 1-4
2009 山本清龍・鴨田重裕・渡邉良広・村瀬一隆・辻良子 小中学生の保護者の環境認識と森林体験への志向に関する研究 中部森林研究 57 93-96
2009 渡邉良広・山本清龍・鴨田重裕・村瀬一隆・辻和明・辻良子 東京大学樹芸研究所における森林体験が学生にもたらす教育効果の検証 中部森林研究 57 97-100
2009 東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林 東京大学演習林気象報告(自2007年1月至2007年12月) 演習林(東大) 48 133-155
2009 石野貴久・会沢栄志・寺田珠実・鮫島正浩・鴨田重裕 日本産イチイ科植物におけるタキソイド生成能 東大演報 120 45-52
2009 渡邉良広・村瀬一隆・辻和明・辻良子 全学体験ゼミナール「伊豆に学ぶ」は学生に何を伝えたか 平成20年度技術職員等試験研究・研修会議報告 44-47
2010 辻良子 温室利用の現状と新たな取り組み 農学生命科学研究科技術職員研修会 報告集2008〜2009年度(東大) 30-31
2010 軽米勉・中川雄治・鶴見康幸・齋藤俊浩・澤田晴雄・村瀬一隆・高野充広・算用子麻未 演習林におけるgis,gps業務の紹介 農学生命科学研究科技術職員研修会 報告集2008〜2009年度(東大) 75-76
2010 辻良子 樹芸体験 −全学体験ゼミ「伊豆に学ぶ」− 農学生命科学研究科技術職員研修会 報告集2008〜2009年度(東大) 83
2010 東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林 東京大学演習林気象報告(自2008年1月至2008年12月) 演習林(東大) 49 43-65
2010 村瀬一隆・渡邉良広・辻和明・辻良子 南伊豆地域に生息する野生動物相調査 平成21年度技術職員等試験研究・研修会議報告 29-34
2010 渡邉良広・村瀬一隆・辻和明・辻良子 旧薪炭林のスダジイをdanで個体識別して森林動態解明の最先端林へ 平成21年度技術職員等試験研究・研修会議報告 35-39
2010 渡邉良広・内山憲太・石野貴久・井上広喜・寺田珠実・鴨田重裕 旧薪炭林のスダジイをdanで個体識別して森林動態解明の最先端林へ 中部森林研究 58 167-170
2010 nobuaki tanaka, koichiro kuraji, hirofumi shibano, norifumi hotta, toshihiro yamada, akio fujiwara, toshiaki owari, yuko asano, kiyotatu, yamamoto, naoto kamata shigehiro kamoda monitoring netw\ork investigation the response and vulnerability of forest ecosystems to the changing climate: longterm data sets of meteorology, hydrogy and hydrochemistry of tokyo university forests 2010 international symposium on environmental monitoring in east asia  37-38
2010 児嶋美穂・広橋亜希・吉田正人・山本浩之・渡辺洋徳・石垣弘之・市川祐司・渡邉良広・鴨田重裕 日本におけるユーカリ植林の可能性とその材質 日本木材学会要旨集 60 b18-02-1400
2011 渡邉良広・村瀬一隆・辻和明・辻良子 ユーカリ属現地適応試験開始24年後の一結論 平成22年度技術職員等試験研究・研修会議報告 11-14
2011 辻和明・渡邉良広・村瀬一隆・辻良子 クスノキ人工林の管理手法及び萌芽更新 平成22年度技術職員等試験研究・研修会議報告 15-18
2011 村瀬一隆・高徳佳絵・阿達康眞・才木道雄・荒木田善隆 南伊豆地方における巣箱設置によるヤマガラとシジュウカラの繁殖生態(U)−設置後6シーズンの結果から− 平成22年度技術職員等試験研究・研修会議報告 15-18
2011 辻和明・渡邉良広・村瀬一隆・辻良子 クスノキ人工林の管理手法及び萌芽更新に関する研究 農学生命科学研究科技術職員研修会 報告集2010年度(東大) 15-16
2011 村瀬一隆・高徳佳絵・阿達康眞・才木道雄・荒木田善隆 南伊豆地方における巣箱設置によるヤマガラとシジュウカラの繁殖生態(U)−設置後6シーズンの結果から− 農学生命科学研究科技術職員研修会 報告集2010年度(東大) 29-30
2011 渡邉良広・鴨田重裕・村瀬一隆・辻和明・辻良子・井上広喜 ユーカリ属現地適応試験開始24年後の一結論 中部森林研究 59 21-22
2011 鴨田重裕・辻和明・渡邉良広・村瀬一隆・辻良子・井上広喜 いま、南伊豆で薪炭林的施業は可能か 日林北支論 59
2011 東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林 東京大学演習林気象報告(自2009年1月至2009年12月) 演習林(東大) 50 73-98
2011 新田一仁・齋藤陽子・鴨田重裕・渡邉良広・井出雄二 暖温帯常緑広葉樹二次林における地上部木質バイオマス植物種の多様性 日林学術講 122 pa1-30
2011 小林五月・石黒晃美・井上広喜・奥野貴士・井深章子・大谷典正 ゴム産出植物の葉サイズにおけるゴム分子量分布の比較 平成23年度日本化学会東北大会
2011 小林五月・石黒晃美・井上広喜・ 井深章子・ 奥野貴士・ 大谷典正 パラゴムノキ(hevea brasiliensis)培養細胞を利用した天然ゴム生産 平成23年度日本化学会東北大会
2011 渡辺洋徳・石垣弘之・市川祐司・山本浩之・児嶋美穂・鴨田重裕・渡邉良広 静岡県賀茂郡に植栽されたユーカリ材の合板製造適正 日本木材学会要旨集 61 b18-02-1415
2012 秋元真也・石野貴久・寺田珠実・鮫島正浩・鴨田重裕 ユーカリ属樹木由来のpal遺伝子の解析 日本木材学会要旨集 62 m17-05-0830
2012 石野貴久・寺田珠実・鮫島正浩・鴨田重裕 イチイ科樹木およびその内生菌を利用したタキソール生産に向けた遺伝子解析 日本木材学会要旨集 62 m17-05-0845
2012 広橋亜希・中川龍星・吉田正人・山本浩之・児嶋美穂・鴨田重裕・井上広喜・渡邉良広 ユーカリ属引張あて材における多様な成長力発生機構 日本木材学会要旨集 62 b16-05-1415
2012 渡邉良広・鴨田重裕・児嶋美穂・吉田正人・山本浩之・岩本昌倫・山田英貴・長谷川英生・渡辺洋徳 日本にて生育するユーカリ2樹種を用いた合板試験製造 日本木材学会要旨集 62 l15-p-am15
2012 村瀬一隆 鳥類誘致による森林再生手法を探る 平成23年度技術職員等試験研究・研修会議報告 31-34
2012 辻 和明・渡邉良広・村瀬一隆・辻 良子 南伊豆地域におけるニホンジカの生息数と植生に対する影響−2007 年から2011 年の5カ年の調査結果− 平成23年度技術職員等試験研究・研修会議報告 35-42
2012 浅野友子・内田太郎 山地源流域における降雨時流出の空間分布 日林学術講 123 k03
2012 農学生命科学研究科附属演習林 樹芸研究所 樹芸研究所第4期教育研究計画(2011(平成23)年度〜2020(平成32)年度) 演習林(東大) 51 431-456
2012 東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林 東京大学演習林気象報告(自2010年1月至2010年12月) 演習林(東大) 52 319-350
2012 渡邉良広・村瀬一隆・辻和明・辻良子・井上広喜・鴨田重裕 ユーカリ属現地適応試験約30年の総括 中部森林研究 60 9-12
2012 広橋亜希・児嶋美穂・吉田正人・山本浩之・渡邉良広・井上広喜・鴨田重裕 国産早生樹ユーカリ6樹種の材質特性 木材学会誌 58(6) 339-346
2012 浅野友子・星野晋一郎・内田太郎・秋山浩一  山地河道における水の流れとマニングの粗度係数の実測 砂防学会誌 65(1) 62-68
2012 浅野友子・内田太郎・渡邉良広・井上広喜・辻和明・鴨田重裕 東京大学樹芸研究所青野研究林における山地河道の水理・水文観測 砂防学会誌 65(3) 65-69
2013 広橋亜希・松尾美幸・吉田正人・山本浩之・児嶋美穂・渡邉良広・井上広喜・鴨田重裕 ユーカリ属における成長応力発生機構 日本木材学会要旨集 63 b27-06-1300
2013 植木悠貴・秋元真也・寺田珠実・鮫島正浩・鴨田重裕 ユーカリ属培養細胞におけるpal活性の挙動とpal遺伝子の解析 日本木材学会要旨集 63 b27-04-1315
2013 小林徹行・渡邉良広・辻和明・辻良子 津波来襲時の被害想定と避難ルートの整備 農学生命科学研究科技術職員研修会 報告集2012年度(東大) 28-29
2013 東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林 東京大学演習林気象報告(自2011年1月至2011年12月) 演習林(東大) 53 195-220
2013 内田太郎・林真一郎・岡本敦・友村光秀・佐藤悠・浅野友子 山地流域の流出特性に関する比較研究 砂防学会研究発表会概要集 2013号 b-2
2013 藤原菜生子・浅野友子 kinectセンサーを用いた山地小河道の河床構造の把握 砂防学会研究発表会概要集 2013号 b-414
2013 辻良子・渡邉良広・小林徹行・辻和明 ユーカリ造林試験に関する育苗法の検討と今後の展開について 平成24年度技術職員等試験研究・研修会議報告 43-46
2013 山田利博・村川功雄・齋藤俊浩・大村和也・高徳佳絵・井口和信・井上淳・才木道雄・齋藤暖生・辻和明・田野井慶太朗・中西友子 福島第一原子力発電所事故に起因する野生キノコへの放射性セシウムの蓄積−東京大学演習林における事例− radioisotopes 62(3) 19-25
2013 山田利博・村川功雄・齋藤俊浩・大村和也・高徳佳絵・井口和信・井上淳・才木道雄・齋藤暖生・辻和明・田野井慶太朗・中西友子 福島第一原子力発電所事故に起因する放射性物質低汚染地域におけるキノコ類への放射性セシウムの蓄積−東京大学演習林における事例− radioisotopes 62(3) 141-147
2013 村瀬一隆・渡邉良広・辻和明・辻良子・小林徹行・井上広喜・鴨田重裕 1台のセンサーカメラがこの5年間に記録した南伊豆町のシカ出現頻度 中部森林研究 61 141-146
2013 辻和明 樹芸研究所維管束植物目録 演習林(東大) 54 281-337
2013 伊藤 昭一(東京大学大学院農学生命科学研究科)
丹下 健(東京大学大学院農学生命科学研究科)
南伊豆での露地栽培試験及び実験的手法によるフタバガキ科3種の低温感受性の評価 森林立地(森林立地学会) 55(1) 27-35

このページの一番上へ 戻る