教育

国際森林学特論

科目名:国際森林学特論

開講年度・学期:奇数年・冬学期

対象学生:生圏システム学専攻1、2年次/森林科学専攻1、2年次

単位:選択2単位

学修目標:世界の森林の現状、モントリオール・プロセスで合意された基準と指標、森林と水資源、災害の関係を巡る国際的な議論、熱帯雨林研究の現状、世界の木材貿易、違法伐採の実態等について、最新の事情を学ぶ。

授業の方法・内容:講義は愛知演習林における2泊3日の集中講義形式で行う。ガイダンスは実施しない。

担当教員:蔵治光一郎